ICやJCTの合流部ではなく「本線の途中」です。

「ファスナー合流促進」圏央道で試行

 NEXCO東日本 加須管理事務所は2021年11月15日(月)、圏央道の交通対策として「ファスナー合流促進対策」の試行運用を実施すると発表しました。

 ファスナー合流とは、ICの流入車線や車線減少箇所など、高速道路の本線上で車線の合流が発生する箇所にて「合流部の先端付近で1台ずつ交互に合流すること」とされています。

 今回は、圏央道(内回り)幸手IC〜久喜白岡JCT間で車線が2車線から1車線に減少する箇所において、交互合流をお願いする看板やLED表示板を高速道路本線上に設置し、ファスナー合流を促進するということです。

 こうしたファスナー合流を促す対策は、NEXCO中日本が名神高速に東海北陸道が接続する一宮JCTで2019年から物理的な対策を伴って実施しています。東海北陸道から名神の上り線へ合流する地点において、加速車線と本線を隔てるラバーポールやゼブラ帯を延伸する形で、合流できる場所を物理的に「加速車線の先頭のみ」とし、渋滞による損失時間を約3割減少させました。

 対して今回の圏央道では、ICの流入部などではなく本線の途中で行われ、ラバーポールで車線を隔てるような物理的な対策はありません。圏央道の久喜白岡JCT以東は現状、片側1車線区間と、追い越しが可能な2車線区間が交互に配置されており、その車線減少箇所の流れを改善するのが狙いです。

 NEXCO東日本 加須管理事務所は「車線合流の際には合流部の先端付近でゆずり合って合流いただき、交通の円滑化にご協力のほどお願いします」としています。