太平洋戦争のターニングポイントになったと言われることもある「ミッドウェー海戦」。実は日米の空母どうしによる戦いの裏で、鈍重な飛行艇による史上初のレーダー夜間雷撃成功という快挙もありました。その知られざる作戦とは。

最新鋭の電子装備を搭載した旧式飛行艇

 今から約80年前、鈍足の飛行艇が夜間雷撃を成功させるという偉業を成し遂げました。今でこそ、ミサイルを始めとして砲弾や魚雷などを、赤外線やGPS誘導などさまざまな技術を用いて夜間でもピンポイントで目標に命中させることができるようになっていますが、80年前の当時は、夜間に空から敵艦を探し出し、それに魚雷を命中させるなどということは、普通に考えれば、ほぼ不可能でした。

 しかし、レーダーの出現がそれを可能にしたのです。実際、夜間の魚雷攻撃(雷撃)を成功させたのは、当時、最新であったレーダーを搭載した飛行艇でした。その機体の名はコンソリデーテッド社のPBY「カタリナ」。PはPatrol(哨戒)、BはBomber(爆撃)、Yは海軍がコンソリデーテッド社に割り当てた企業識別記号を意味します。この飛行艇がどのようにして史上初の夜間雷撃を行うことになったのか、経緯を追って見ていきます。

「カタリナ」飛行艇は、1935(昭和10)年3月28日に初飛行した双発機です。太平洋戦争勃発の7年あまり前に設計・開発された機体で、すでに開戦時点で性能的には陳腐化し始めていたものの、アメリカの参戦以前にイギリスへ提供された機体が実戦で使われ、その運用のしやすさや高い稼働率などから好評価を得ていました。しかし一方で、アメリカ海軍太平洋艦隊に所属する機体は、開戦当初は絶対数が不足気味でした。

 太平洋戦争序盤は、負け戦が続いていたアメリカでしたが、1942(昭和17)年5月、ハワイのオアフ島に所在する太平洋艦隊の暗号解読班が日本の暗号解読に成功し、次の攻撃目標がミッドウェー環礁であることを突き止めます。そこでアメリカ軍は、なけなしの「カタリナ」を、優秀な指揮官とともに現地へ派遣しました。

戦前からミッドウェー防衛を研究していた指揮官

 指揮官の名はローガン・ラムゼィ。1941(昭和16)年12月8日に起きた旧日本海軍によるハワイ真珠湾の攻撃当日、近傍のフォード島にあった海軍航空基地から「パールハーバーは攻撃を受けつつあり。これは演習ではない。繰り返す、これは演習ではない!」という、緊急放送を行った人物です。ちなみに「これは演習ではない!」のフレーズは、以降、フィクションの戦争ドラマなどでしばしば使われるほど有名になりました。

 戦前、ラムゼィは空母搭載機(艦上機)や水上機、さらには飛行艇のパイロットとして勤務したほか、海軍大学の在学中には、それこそミッドウェー環礁の防衛と攻略について研究していました。このような経験と実績をかわれて、適任として同環礁に派遣されたのです。

 ラムゼィは、ミッドウェー環礁に着任した翌日の5月30日から、自ら考案した新しい哨戒飛行計画に基づいて「カタリナ」を飛ばしました。そして6月3日、同環礁に接近しつつある日本のミッドウェー攻略部隊の船団を発見。まずB-17「フライングフォートレス」重爆撃機による水平爆撃を実施しましたが、戦果は得られませんでした。

 B-17爆撃機部隊を送り出して夕方となりつつある頃、ラムゼィは、この日の16時頃にやっとハワイから到着した4機のカタリナに注目しました。この4機は最新の機上レーダーを備えていたのです。

 このレーダーは本来、哨戒飛行用でした。敵の水上艦艇を広い大洋の中で見つけ出すために備えていたのですが、ラムゼィは、切迫した戦況を鑑みて、それまで試験だけは進められていたものの、アメリカ海軍航空隊ではまだ一度も実戦で行われたことのない夜間の航空雷撃を、専用の攻撃機などではなく“雷撃も一応できる飛行艇”に行わせようと決断します。

 そこで彼は「カタリナ」飛行艇の搭乗員たちを集めて、今回の出撃には本人の自由意志が尊重されることを説明しましたが、出撃を辞退する者はひとりもいませんでした。

レーダーが頼りの夜間低空飛行

 ラムゼィは4機の「カタリナ」の右主翼下に魚雷を1本ずつ搭載させると、辣腕の「カタリナ」乗りとして知られていたリチャーズ大尉を指揮官に任命し、夜中の21時30分頃に出撃させます。

 リチャーズは、日付が変わった6月4日の夜1時20分に日本側のミッドウェー攻略部隊の船団を「カタリナ」の機上レーダーで捕捉。そこで彼は、僚機に位置を知らせるべく大きな旋回飛行を行った後に、雷撃突進を開始します。

 わずかな月明かりが差すなか、レーダーを頼りに海面ぎりぎりの低空飛行を実施するだけでも至難のワザですが、敵艦船との適切な距離を見定めたところで魚雷を投下しなければなりません。

 先頭を飛ぶ指揮官リチャーズ大尉が乗る1番機は最初に雷撃を試みたので、ほとんど日本側の反撃を受けることなく、魚雷を投射して日本軍艦船の頭上を飛び抜けることに成功します。しかし残りの機は、リチャーズ大尉機の飛来によって行われるようになった熾烈な弾幕を潜って雷撃することになったため、デーヴィス中尉機などは、実に58もの弾痕を穿たれた状態で帰還したといいます。また、ローゼンバーグ少尉機に至っては、対空砲火があまりに激しかったせいで、雷撃できずに引き揚げざるを得ませんでした。

 こうして、航空史上初の「レーダーを使用した夜間雷撃」は、短時間のうちに幕を閉じました。とはいえ、ぶっつけ本番の一発勝負だったにもかかわらず、意外な戦果をあげます。投射された3本の魚雷のうち1本が油槽船「あけぼの丸」の船首に命中したほか、別の機による機銃掃射が、輸送船「清澄丸」に損傷を与えたのです。

 ミッドウェー環礁を巡る戦い、いわゆる「ミッドウェー海戦」では日本側の空母機動部隊が大敗したことはよく知られています。事実、そのことは「太平洋戦争のターニングポイント」にもなったとも一部では言われています。

 しかしその陰で、鈍重な飛行艇「カタリナ」による、航空史上に足跡を残す意外な記録もまた生まれていたのでした。