この旅客機が採用されれば、いける空港がグ〜ンと増えます!

滑走路長890mの佐渡空港

 ヨーロッパを拠点とする航空機メーカーATR社は現地時間2021年11月16日(火)、中東ドバイで開催されているドバイ航空ショー内で、2022年に新潟空港に拠点に運航開始を予定しているリージョナル(地域間輸送)LCC(低コスト航空会社)、トキエアと取引意向書を締結しました。

 トキエアは、すでに2機の70席クラスのターボプロップ機「ATR72-600」をリース契約しており、これを用いて運航開始の予定です。ATR社によると今回締結された意向書は「ATRとトキエアは、ATR42と短滑走路での離着陸(STOL)が可能なATR 42-600Sについて協議していく」とのこと。

 ATR42-600Sは、同社がリース導入するATR72-600を一回り小型にした、40席クラスのターボプロップ機。最短800mの滑走路で離着陸することが可能なSTOL性能が特徴です。初号機納入は2025年初頭を予定しています。

 トキエアでは、新潟空港に加えて、新潟県沖の佐渡島にある佐渡空港にも就航予定。今回の意向書締結で、トキエアが佐渡就航にあわせ、ATR42-600Sを導入する可能性がより一層高まったものと見られます。

「ATR 42-600Sは、890mという短い佐渡空港の滑走路へ離着陸するのに最適な機体です。導入すれば、トキエアは日本の航空会社として初めてこの機種を運航することになり、日本の地域航空ネットワークのパイオニアとしての地位を確立することになる」とATR社はアピールします。