一挙25km開通で「全通」です!

360kmすべてつながる三陸沿岸道路

 延長359km、三陸沿岸の高速道路がついに全線開通です。

 国土交通省 三陸国道事務所は2021年11月19日(金)、三陸沿岸道路「普代〜久慈」区間25kmが12月18日(土)に開通すると発表しました。これにより、三陸沿岸道路は仙台市から青森県八戸市まで全てつながります。

 新規開通するのは岩手県普代村の普代ICから久慈市の久慈ICまでのあいだ。途中には普代北IC、野田IC、久慈宇部IC、久慈南ICが設けられます。

 三陸沿岸道路は東日本大震災からの「復興道路」の中核に位置付けられ、整備が進められてきました。東日本大震災以前は129kmが開通している状態で、仙台市〜八戸市間は大部分が国道45号経由にて8時間35分を要しましたが、全線開通により5時間13分と、じつに3時間20分の短縮となるそうです。

 今回の開通は、復興道路(三陸沿岸道路)・復興支援道路(東北中央道 相馬〜福島、東北横断道 釜石〜花巻、宮古盛岡横断道路など)に位置付けられた約550kmの高速道路ネットワークが全て完成します。なお、これらは一部区間を除き無料です。

 開通効果として、災害時のリダンダンシーの確保、ネットワーク信頼性の向上、地域観光の振興、水産加工業の流通支援などが挙げられています。