スバルの新型「WRX S4」が発表されました。いまとなっては貴重なスポーツセダン、SNSではクルマ好きから様々な反応が寄せられています。

排気量アップの新エンジン搭載「WRX S4」

 スバルが2021年11月25日(木)、新型「WRX S4」日本仕様を発表、いまでは貴重なスポーツセダンの新型に、SNSではクルマ好きから様々な反応が寄せられています。

 新型は、レヴォーグやフォレスターに採用されたスバル共通の「BOLDER」デザインに基づく6角形のグリルに。エンジンは従来から排気量を400ccアップさせた新型2.4L水平対向エンジンを搭載しています。

 新型WRX S4は、「今にも走り出しそうな勢いのある」「アグレッシブな走りを期待させるスタイリング」とされています。これには、実用性も考慮したS4にしては「攻めたルックス」とする声が見られますが、今後登場するであろう「WRX STI」はどんなルックスになるのか……という期待も高まっているようです。

 ただ、エクステリアで意見が分かれているのが、フロントフェンダーからリアにかけて、SUVのように黒い樹脂パーツを採用している点。これには、空気の流れを整える空力パーツとしての役割があります。

 走りも磨かれながら、安全装備として新世代アイサイトも全車標準装備となったこともあり、税込価格は先代の登場時に約335万円〜だったのが、約400万円〜にアップしました。これには「高い」と見る声もあれば、この装備なら「安い」とする声も。

 なお、WRX S4と同時に、この新型エンジンを搭載したレヴォーグの改良モデルも発売しており、WRX S4を“レヴォーグセダン”と捉える声も多く見られました。