旅客機の歴史では長年、胴体に塗装せず地肌をむき出しにする「ベア・メタル」デザインはごく一般的でした。ただ近年その姿は下火に。さまざまな利点があるにもかかわらず、なぜ消滅へ向かっているのでしょうか。

アルミ系ゆえの「ベア・メタル」

 かつて、胴体に塗装をせず、地肌をむき出しにする「ベア・メタル」デザインの旅客機はまったく珍しいものではありませんでした。飛んでいるところを地上から眺めていると、太陽の反射がギラギラと光り、まさに銀翼輝くという言葉がぴったりだと、筆者は記憶しています。ただ一方で、近年ではあまり見なくなってしまいました。

 航空機の機体外面を構成する材料は、長年多くのモデルで、アルミ合金であるジュラルミン(超超ジュラルミン)が採用されてきました。ジュラルミンは、ドイツ人ウィルムが1903年に開発した金属材料で、当時発展を遂げ始めた飛行機の材料として採用されました。

 この素材は鉄と同じ強度を持つ材料ながら、それよりも軽くでき、加工も容易であるというのが特徴です。つまり航空機にはピッタリな素材だったのです。それゆえ、第二次世界大戦が始まる頃には、ほとんどすべての飛行機がジュラルミンを材料として製造されています。

 多くの方はご存知だと思いますが、アルミニウムは、素材そのままでも銀色に見え、研磨すれば顔を映せるほど鮮明な、鏡のような表面を構成することができます。

 地肌むき出しのベア・メタルを採用するメリットとしては、航空機最大の課題である軽量化が実現できること。すべて含めるとトン単位となる塗料の重さを追加しなくて済み、コストをカットできることが広く知られる理由です。

 実はプロペラ旅客機として最も名高いもののひとつ、ダグラスDC-3をはじめとして、戦後草創期の民間航空業界で、ベア・メタルはむしろカラーリング機よりも一般的なデザインだったこともあります。ただ当時の場合、軽量化以外の理由もありました。

実は「ベア・メタル」には深い歴史が?

 戦後草創期の旅客機で、ベア・メタルが一般的であった理由としては、たとえば当時「紫外線の影響が地上より強く、基本も氷点下になる高高度の環境に耐えられる塗料が開発されていなかった」「塗料が高価であった」「ジュラルミンが塗料に侵される心配があった」「機体表面を塗装で覆ってしまうと傷などの損傷を発見できない」などが挙げられます。

 胴体をむき出しではなく白に塗る、というのがスタンダードとなったのは、ジェット旅客機が運航開始してからです。理由として塗料の進化や、プロペラ機より高高度を飛行することから一層強くなる紫外線の影響を避ける必要があったこと、より高速で飛行するため機体表面を可能な限り滑らかにすることなどが要求されたこと――などが挙げられます。

 ただ、その一方で、ジェット旅客機が一般的になったあとも、「下面だけベア・メタル」を採用する航空会社はありました。これは、下部は太陽の影響がないこと、整備上、下面の油などを発見しやすくすること、塗料を少なくして機体重量を少しでも軽量化することが目的でしょうか。

 アメリカン航空などは、全面ベア・メタルを採用。これは、塗装分の重量を浮かすためというのが広く知られている理由です、またJAL(日本航空)やANA(全日空)では、胴体下部だけをベア・メタルとするデザインも一時期採用されました。

 ただその後、ベア・メタルはどんどん下火になっていきます。ベア・メタルを長年会社のポリシーとしてきたアメリカン航空も、2013(平成25)年からついに、順次銀色の塗料を基調としながらも、よりマットな新塗装に変更します。

なぜ近年「ベア・メタル」が下火に?

 これは、磨き上げるメンテナンスに手間を要し人件費が高くつくぶん、燃費が節約できても、トータルコスト的には通常塗装を実施するのとほとんど変わらなかったことが主な理由とされています。

 また、冒頭で旅客機はジュラルミン製と申し上げましたが、近年、機体素材に大きな変化があったことも大きな理由です。

 近年、ボーイング787、エアバスA350など、機体材料にジュラルミンではなく、複合材(カーボン素材)が使用されることも一般的になりつつあります。これらの機体の製造過程を見ると、塗装を施す前のカラーは銀色ではなく、艶消し黒にも見えます。

 また、複合材を胴体構造に使用している機体では、塗料による重量増加の対策より、機体表面を塗装で保護するほうが重要です。そのため、全面塗装が施されています。

 ちなみに、超音速で巡航できる「コンコルド」では、「半ベア・メタル」がトレンドの当時としては珍しく、機体全体を真っ白に塗装して路線に就航しました。これは塗料の進歩に伴う軽量化、価格の鎮静化のほか、さらなる高速飛行により機体下面が高熱を帯びることへの対策とされています。