艦載機の発着艦に空自の戦闘機が緊急発進しました。

空母「遼寧」の搭載戦闘機はJ-15

 防衛省統合幕僚監部は2021年12月21日(火)、中国海軍の空母「遼寧」が19日(日)、沖縄県の北大東島の東約300km付近の太平洋上で、艦載戦闘機を発着艦させているのを海上自衛隊が確認したことを明らかにし、そのとき撮影した写真とともに発表しました。

 空母「遼寧」は、レンハイ級ミサイル駆逐艦1隻、ルーヤンIII級ミサイル駆逐艦1隻、ジャンカイII級フリゲート2隻、フユ級高速戦闘支援艦1隻とともに航行していたとのこと。この6隻のうちジャンカイII級フリゲート1隻を除く5隻は、12月14日(火)および翌15日(水)に東シナ海で確認したのと同じ艦で、その後、5隻は沖縄本島と宮古島とのあいだの海域を通過していったとしています。

 防衛省・自衛隊は、海上自衛隊の第1護衛隊に所属する護衛艦「いずも」(定型港:横須賀)を情報収集や警戒監視にあたらせたほか、艦載戦闘機の発着艦に対しては戦闘機を緊急発進させるなどして対応にあたったそうです。