エンジン音が独特なんですよね…聞けなくなるとは…!

ATR42-600導入にともなって

 JAL(日本航空)グループで、北海道を拠点とする地域航空会社、HAC(北海道エアシステム)のターボプロップ旅客機「サーブ340B-WT(SAAB340B-WT)」が2021年12月26日(日)、定期便ラストフライトを迎えました。

 HACのサーブ340B-WTは、1998(平成10)年から運航開始。計3機体制で道内路線を中心に23年間飛び回りました。席数は36で、JALグループで最小の旅客機です。

 HACでは、後継主力機として欧州ATR社製のATR42-600の導入が完了。サーブ340B-WTは、これと入れ替わる形で退役となります。ちなみにHACからの退役で、サーブ340Bは国内の航空会社からも姿を消すこととなります。

ラストフライトの様子は?

 HACのサーブ340B-WTのラスト1機となったのは導入2号機(機番:JA02HC)。1998年5月に導入された機体です。

 12月26日のラストフライトは当初、釧路11時50分発→札幌丘珠12時40分着のJL2862便が予定されていましたが、悪天候のため欠航に。実質的な運航最終便は函館発札幌丘珠行きのJL2740便となりました。

 JL2740便は26日の午前9時40分ごろ、HACが拠点とする札幌丘珠空港へ到着。同空港では、HACのスタッフによる横断幕での出迎えなども実施されています。

 なお、同機はあす27日(月)、途中三沢空港、中部空港を経由し再整備地である鹿児島空港まで向かう、ファン向けの日本列島縦断退役フライトを実施予定です。