旧日本海軍の空母「蒼龍」が1937年の今日、竣工しました。近代空母を目指し、艦載機数や対空兵装、速さなどを追求。ただ軍縮条約を巡り、姉妹艦「飛龍」とは大きさなどに違いが見られます。

日本初の新造正規空母

 1937(昭和12)年の12月29日は、旧日本海軍の航空母艦「蒼龍」が竣工した日です。「蒼龍」は1934(昭和9)年11月20日に起工すると、1935(昭和10)年12月23日に進水し、それから約2年後の同月に竣工、海軍へ引き渡されています。

「蒼龍」は日本初の新造正規空母でした。日本は1930(昭和5)年に締結したロンドン海軍軍縮条約下にあり、排水量など制限枠内で計画されたとはいえ、近代空母にふさわしいものにしようとしました。

 当初は砲撃戦も想定し、対空兵装以外にも砲を設置しようとしたほど。結局、計画は変更されますが、12.7cm高角砲12門をはじめ高角機銃14基など、充実した対空火力を備えました。さらに二段式格納庫の採用により、基準排水量1万5900トン、全長227.5mの船体にして艦載機70機、そして速力は34.8ノット(約62km/h)と、走攻守そろったものでした。

「蒼龍」はしばしば姉妹艦「飛龍」と比較されます。「飛龍」は軍縮条約を破棄した後に建造が進められたため、その制約を受けることなく「蒼龍」よりも大型化が図られましたが、これに拍車をかけたのが、前年までに発生していた海難事故と演習事故でした。事故により、艦が大きく損傷するなどの被害が出た海軍は、艦艇の設計強度を見直したのです。結果、「飛龍」は基準排水量1万7000トンあまりで竣工しています。

姉妹艦はミッドウェーに没す

「蒼龍」と「飛龍」の外見上の大きな違いは、艦橋の位置でしょう。「蒼龍」は日本の空母では一般的な右舷に設けられています。ただ、最小限の大きさで設置されたがゆえに駆逐艦と同程度しかなく、指揮の取りにくさからか、ハワイ作戦(真珠湾攻撃)の際には旗艦の任を「飛龍」に譲っています。

 実戦では「蒼龍」は、前出の真珠湾攻撃に参加。ここに太平洋戦争の火ぶたが切られます。翌1942(昭和17)年からは南方への作戦に参加し、2月のオーストラリア・ダーウィン空襲、3月のセイロン沖海戦などで戦果を挙げました。

 しかし同年6月、太平洋戦争における勝敗の分岐点ともいわれるミッドウェー海戦が運命の一戦となります。味方機から相次いで「敵発見」が報告されるたび、「蒼龍」の飛行甲板では艦載機に対し、艦船攻撃用の魚雷と陸上攻撃用の爆弾との転換が行われました。攻撃隊の発進は大きく遅れます。

 4日午前7時20分ごろ、アメリカ軍の急降下爆撃機が襲来します。発進準備中の飛行甲板に爆弾が命中し、兵器や機体に次々と誘爆。「蒼龍」はあっという間に炎に包まれます。しかし消火活動もままならず、およそ9時間後に「蒼龍」は沈没しました。

 ミッドウェー海戦には「飛龍」も参加していました。「蒼龍」に爆弾が命中した頃、離れた場所にいたために難を逃れた「飛龍」は、炎上する「蒼龍」を遠目に見ながら攻撃隊を発進。アメリカ軍の空母を空襲し、大破させます(後に沈没)。とはいえその後、優勢に転じたアメリカ軍の急降下爆撃を受け「飛龍」も沈没。姉妹艦は2隻とも、ミッドウェーの海に没したのでした。