目的地別に、ターミナルとなる鉄道駅がひとつに絞られます。

系統数を約半分に整理

 川崎市交通局は2022年2月1日(火)から、川崎駅西口・武蔵小杉駅・元住吉駅・蟹ヶ谷・井田病院・新城駅前を相互にむすぶバス路線について、路線再編を行うと発表しました。

 従来の路線網はこれらのバス停間をむすぶ8路線路線が入り乱れる複雑なものとなっていましたが、利用状況などを元に、これを3路線を軸とするものに再編します。武蔵新城駅と蟹ヶ谷からのバスは武蔵小杉駅の発着が基本に、井田病院からのバスは川崎駅西口の発着が基本となります。

 再編後の路線は以下のとおり。
・杉04系統:新城駅前〜元住吉〜横須賀線小杉駅
・杉03系統:蟹ヶ谷〜元住吉〜横須賀線小杉駅
・川66系統:井田病院〜元住吉〜川崎駅西口
・杉01、杉02系統:井田病院〜横須賀線小杉駅(小杉駅東口)※運行本数見直し

 これに伴い、既存の以下の路線は廃止されます。
・川63系統:新城駅前〜元住吉〜川崎駅西口
・川64系統:蟹ヶ谷〜元住吉〜川崎駅西口
・川67系統:川崎駅西口〜江川町〜横須賀線小杉駅