日本ではレアな旅客機として分類される「ボーイング757」。海外国内線への就航がメインで生産も終了済みのモデルです。しかし2022年、日本でこのモデルが見られる、乗れる可能性が出てきました。

2005年に生産終了 767と姉妹機

 日本ではレアな旅客機として分類されるのが、「ボーイング757」です。この機は、国内の航空会社では導入されず、現在も日本に乗り入れてくるケースは、ごく一部の海外航空会社の便、もしくは外国の貨物便といった程度。このレア機がもしかすると、2022年以降、日常的に見られる、そして乗れるようになるかもしれません。

 ボーイング757は、日本の航空会社でも数多く導入されている767の姉妹機として開発されました。製造機数は1000機以上と好調な売上を記録したものの、日本の航空会社はキャパシティの面などから767を導入しており、757はおもに海外の航空会社が、国内線メインで使用してきました。これが、日本で757を見ることができなかった一因です。

 757と767は共通の操縦システムが導入されており、一定の訓練を積めば同じ資格で乗務できるとされています。一方で757は客室の通路が1本の単通路機であるのに対し、767は通路が2本。キャパシティも767の方が大きいです。

 そして、757は好調な売り上げを記録しつつも、2005(平成17)年に生産を終了。ボーイングが生産する単通路機は、日本でも馴染み深い737シリーズに統一されることになりました。

 生産終了から15年以上が経った757ですが、なんとLCCの便として、これから日本でも乗れる可能性が出てきたのです。

まさかの「757でアンカレッジへ」LCC爆誕?

 2021年8月、とある航空会社がアメリカで立ち上がりました。北米とアジアをアンカレッジ(アラスカ州)経由で結ぶ国際線LCC「ノーザンパシフィックエアウェイズ」です。拠点はアンカレッジに置かれます。

 計画では、アメリカの就航地はロサンゼルス、サンフランシスコ、ニューヨーク、ラスベガスなど。そしてアジアの就航予定地は日本、韓国です。ちなみに、日本からアンカレッジへは、経由地としても、目的地としても行ける見込みです。

 そして9月、同社は2022年のデビューに向け、旅客機を購入しました。これがボーイング757-200です。

 海外メディアが報じたところによると、初号機は1995(平成7)年にUSエアウェイズで就航し、アメリカン航空で機番「N206UW」として2020年まで使用されたシリアルナンバー「27808」の機体。現在は転籍を終え「N627NP」となっています。同機のほか、5機の757-200が導入される予定です。

 公式サイトによると客席数は「最大200」で、「プレミアムエコノミー」に相当する上位クラスと普通席の2クラス仕様となる予定です。塗装は夜空、オーロラ、氷、雪をイメージしたというシックなデザインとなっています。

 その一方で、もし順調に同社が運航を開始し、日本へ就航できたとしても、757での運航は数年に限る見通しともいえそうです。

 先出の初号機も機齢は26年。同社は今後保有機数を50機まで増やす方針としており、当然その機数を中古の757で固めるのは困難です。現地メディアの取材に対し、将来的にはボーイング737MAXやエアバスA321XLRといった新型機の導入も検討すると、同社のCEO(最高経営責任者)は答えています。