旧日本海軍の戦艦「金剛」が1911年の今日、起工しました。技術提供を条件にイギリスで建造され、竣工時は巡洋戦艦でした。2度の大規模改修を受け戦艦に生まれ変わると、古参艦とは思えない戦いぶりを発揮します。

世界最大最強の巡洋戦艦

 1911(明治44)年の1月17日は、旧日本海軍の戦艦「金剛」が起工した日です。旧日本海軍最後の外国生まれの軍艦としてイギリスで造られました。

 当時、世界の海軍は戦艦の建造ラッシュに沸いていました。それまでの大きな対外戦争である日清・日露の両戦争に勝利していた日本は、すでに国産で戦艦を建造できるまでになっており、一時は「金剛」も国内建造が計画されます。しかし、世界トップの造船技術を持つイギリスの最新ノウハウを手に入れるべく、あえて国内建造ではなくイギリスに依頼することにしたのです。こうして「金剛」が誕生することになります。

 イギリスのほぼ中ほど、アイルランド海に面する港町 バローの造船所で、ヴィッカース社によって「金剛」は起工。このとき、日本は技術者の派遣と監督、図面の入手などを要求しています。ヴィッカース社はこれを快諾。約2年半かけて「金剛」は建造されますが、この間に「技術を習得できた」ことは、以後の日本の造船技術に多大な貢献をしました。

 イギリス生まれの「金剛」は南アフリカの喜望峰を回り、1913(大正2)年11月5日に横須賀に到着。基準排水量2万6000トンあまり、そして世界で初めて35.6cm砲を8門採用するなど、当時は世界最大にして最強の巡洋戦艦でした。竣工翌年、第1次世界大戦が勃発しますが、主戦場がヨーロッパだったため「金剛」は大きな戦闘には参加せず、その威力を発揮するのは第2次世界大戦からになります。

 なお戦間期、「金剛」は2度にわたる大規模改修を受けます。最大速力は30ノット(約55km/h)へ、航続距離も9800海里(約1万8000km)へ引き上げられたほか、水中防御力の強化、対空火力の増設など、近代的な高速戦艦として生まれ変わりました。

「たかが2本」の命中魚雷が致命傷に

 とはいえ太平洋戦争が始まった1941(昭和16)年12月時点で、「金剛」はすでに最古参の戦艦でした。ただ、海戦の主役が戦艦から空母へ移った時代においても、ほかの戦艦に比べ実に多くの作戦で運用されました。

 開戦直後の南方作戦では、マレー沖海戦の後にインド洋に進出、イギリス領(当時)クリスマス島への艦砲射撃などを行いました。その後、1942(昭和17)年4月のセイロン沖海戦、6月のミッドウェー海戦に参加し、北方作戦の支援へと向かいます。

 10月にはガダルカナル島を巡る一連の戦いで、軽巡洋艦や駆逐艦を率いて同島にあるアメリカ軍のヘンダーソン飛行場を攻撃します。ただ、徐々に制海権はアメリカに移っており、その後、南太平洋海戦などに参加するも大きな戦果は挙げられないまま、僚艦を相次いで失っていきました。

 1944(昭和19)年に入ると、6月のマリアナ沖海戦、10月には「金剛」の最期となったレイテ沖海戦に参加します。

 25日朝、「金剛」は戦艦「大和」などと作戦行動中、サマール島沖でアメリカの護衛空母群と会敵、砲撃を加えます。特に「金剛」は俊足を生かし、アメリカ軍の駆逐艦が放った魚雷を回避しつつ空母群を追尾、集中砲火を浴びせます。この海戦で日本側はアメリカ軍の護衛空母1隻、駆逐艦2隻を撃沈したものの、それ以上の戦果を挙げることなく反転・撤退しました。

 そのようななか、11月に「金剛」は日本本土へ帰還する途中、「大和」や「長門」とともにアメリカ軍の潜水艦に発見されます。潜水艦は魚雷を発射、うち2本が「金剛」に命中します。

 この魚雷2本が歴戦を重ねた老体には致命傷となりました。レイテ沖海戦での損傷箇所も相まって、航行は可能でも艦内の浸水は徐々に進行していきます。魚雷命中から約2時間後、台湾北西部の沖合で「金剛」は転覆するとともに大爆発を起こし沈没しました。

「金剛」は日本の戦艦では唯一、潜水艦の攻撃で沈んだ艦となりました。