似合い方半端じゃないっすね!

2月中旬ごろ受領へ

 JAL(日本航空)が国内線主力機として導入を進めているエアバスA350-900、この15号機が現地時間2022年1月14日に初飛行を実施しました。同機は、これまでJALへ導入されてきたA350-900とは異なったデザインをしているのが特徴です。

 JALのA350-900は2019年に就航。同機の導入に際し同社では客室の仕様を全面的に刷新し、全席に個人モニターやUSBポート、電源コンセントを設置。シートの形状も全クラス(国内線ファースト、クラスJ、普通席)で新たな仕様のものを導入しました。

 今回の15号機は、JALをはじめ、各国の大手航空会社が加盟する航空連合「oneworldアライアンス」の特別塗装機となり、胴体前方に青い文字で「oneworld」のロゴマークが描かれます。これまで「oneworld」塗装機はボーイング777や767などが担当。A350-900にこの特別塗装が施されるのは、これが初めてです。

 JALによると、15号機の受領、日本へのフェリーは2月中旬ごろを予定しているとのことです。