北海道内のネットワークも広がります。

JACではATR機数増加 JAL便名も

 JAL(日本航空)グループは2022年度国内線の基本便数計画を決定しました。同社は、低燃費の機材を引き続き導入するほか、沖縄・北海道を中心にネットワークを拡充するとしています。

 JAL本体ではエアバスA350-900、そして鹿児島を拠点とするJAC(日本エアコミューター)では、ATR42-600の導入を引き続き進めます。省燃費かつ低騒音という環境性能を兼ね備えた新型機を使用して環境負荷低減に貢献するとのことです。

 また、繁忙期の伊丹〜那覇線を増便するほか、関西、中部発着の宮古線などの季節運航を継続。羽田発着の沖縄離島路線では、JAL便名での運航を継続。需要動向に応じて運航機材の大型化を実施し、提供座席数の増加を狙います。

 一方、HAC(北海道エアシステム)の札幌丘珠発着路線について、女満別線、利尻線を増便。夏期ダイヤ期間中に函館での夜間駐機を開始して運航ダイヤの改善と増便を行い、利便性の向上を実現するとしています。

【映像】フライト短っ!JALグループのRACで行く「日本最短の航空路線」に乗る