「住みたい街」の意識に変動が起きています。

人々の意識が変化

 リクルートが2022年3月3日(木)、「SUUMO 住みたい街ランキング2022 首都圏版」を発表しました。

 2010(平成22)年から毎年発表されているこの調査結果、総合ランキングの「住みたい街」は、駅名で発表されています。数年前までは「恵比寿」や「吉祥寺」が1位に輝くことが多かったのですが、2018年からは「横浜」がトップの座に君臨。「大宮」「浦和」も近年躍進を遂げています。

 コロナ禍が続く状況で、昨年からランキングはどう変化したのでしょうか。2022年版のランキングは次のとおりです。駅名、代表的な路線、得点の順で記載します。

●総合ランキング
・1位:横浜、JR東海道本線、1548点(前年1位)
・2位:吉祥寺、JR中央線、1046点(前年3位)
・3位:大宮、JR京浜東北線、1014点(前年4位)
・4位:恵比寿、JR山手線、991点(前年2位)
・5位:浦和、JR京浜東北線、677点(前年8位)
・6位:目黒、JR山手線、671点(前年5位)
・7位:新宿、JR山手線、661点(前年7位)
・8位:品川、JR山手線、658点(前年6位)
・9位:池袋、JR山手線、653点(前年9位)
・10位:鎌倉、江ノ島電鉄線、589点(前年12位)

 1位は5年連続で「横浜」という結果に。トップ10駅の顔ぶれは自体、若干の順位変動はあるものの、大きくは変わりませんでした。

 いっぽうで昨年から順位を伸ばしたジャンプアップランキングでは、流山おおたかの森、船橋、川越がトップに。自治体では千葉県流山市、東京都新宿区、埼玉県さいたま市浦和区が躍進。傾向として、都心から離れた30km〜50km圏の街が大きくランキングを上げていました。

埼玉のほかに千葉勢も大躍進 そのワケは

 池本編集長によると「すべての年代、ライフステージで1位。県外からも人気が高くなっています。西口を中心に再開発が進み、さらに新高島地区を中心とした再開発も本格化していきます。また、YOKOHAMA AIR CABINの開通もありました」と話します。

 埼玉県として初のTOP3入りした大宮は、各年代から支持を受けています。この理由について、大宮へ5路線が集結するほか、さらにそこから都内へ2方向アクセス可能となっている点、都内を含む周辺エリアから人口流入が進んでいる点のほか、駅の東西の再開発で「おしゃれな街」へと変貌しつつあり、ケーキやプリン、ようかんなどスイーツの支出が全国2位で、「スイーツの聖地」とも言われる街である点なども挙げられています。

 さらに今年大躍進したのが千葉勢です。つくばエクスプレスと東武野田線が発着する流山おおたかの森駅をはじめ、船橋駅、柏駅などが過去最高位。2018年では半分以上が東京都内の駅であったのが、千葉県の駅の伸びが最大となっています。

 その理由について、千葉県の人気駅は「『センスのいい店がある』という項目での評価が高く、都内の人気駅と同じ要素を持つ」ことがあるといいます。流山おおたかの森駅は30代女性や子育て世代、共働き夫婦からの支持を集めていますが、その理由は「生活上の用事を効率的に済ませることができる」「日常のものがひととおり揃う」などが多くなっています。SUUMOでの検索ユーザー数でも首都圏2位と人気で、流山市は市区別の人口増減数が全国1位に輝いています。

 その他、茨城県内の駅も人気上昇。「近場の観光地」である鎌倉や川越も大きくランキングを伸ばす結果となりました。

 なお、調査は2021年12月から2022年1月に、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県在住の20歳から49歳までの男女を対象に、インターネットを通じて実施。有効回答数は10000でした。