昨年好評につき再び実施!

旧五新線専用道城戸の専用道城戸バス停に立ち寄り

 奈良交通が2022年4月16日(土)から1泊2日で、ツアー「日本最長路線バス八木新宮線と専用道城戸・奈良交通営業所撮影会の旅」を開催します。「最長路線バス旅」は昨2021年にも2度実施され、好評でした。なお今回は、同路線がかつて経由していた旧五新線専用道城戸の専用道城戸バス停にも立ち寄ります。

 八木新宮線は、近鉄大和八木駅(奈良県橿原市)とJR新宮駅(和歌山県新宮市)を結ぶ、全長169.8kmのバス路線。紀伊山地の隘路を経由し、停留所数168か所、平均所要時間6時間半と、一般路線バスとしては日本最長です。

 ツアーに使われるバスは、日野ブルーリボンIIトップドア車「QDG-KV234L3」。八木新宮線の臨時便のみで運用される車両を貸し切ります。主な行程は次の通りです。

・初日
大和八木駅12:10→13:13五條バスセンター(奈良県五條市)→15:12谷瀬のつり橋(同・十津川村)→16:46十津川営業所内撮影→19:15新宮駅(新宮ユーアイホテル宿泊)

・2日目
8:00新宮車庫内撮影→10:20十津川営業所内撮影→12:39観光施設「星のくに」で昼食→14:03専用道城戸→15:05五條バスセンター→15:57葛城営業所(奈良県葛城市)内撮影→17:28大和八木駅

 ツアー代金は、大人・子ども同額で1人2万6500円。なお、バス座席を2席占有する場合は3万6500円です。最少催行人数は20人。全行程に添乗員が同行します。

 参加申し込みは2022年3月14日(月)15時から、日本旅行 大阪法人営業統括部のウェブサイトで受け付けます。

 なお新型コロナウイルス感染拡大防止のため、健康申告書の提出やマスクの着用、手指の消毒が求められます。