旧日本海軍の空母「赤城」が1925年の今日、進水しました。巡洋戦艦として建造が進むも、後に空母に改装された経緯があります。その証拠が名称。ただ空母になった後も、艦載機の運用を巡り試行錯誤が続けられました。

旧海軍の試行錯誤を象徴する空母

 1925(大正14)年の4月22日は、旧日本海軍の航空母艦「赤城」が進水した日です。ただ旧海軍では原則として、山岳名を付けたのは巡洋艦に限られます。ではなぜ「赤城」と命名されたかといえば、建造当初は巡洋戦艦だったからでした。

 空母へ計画変更されたのは、同じころ発効されたワシントン海軍軍縮条約によるもの。この条約で戦艦の保有数が制限されたため、「赤城」は巡洋戦艦として造れなくなり、ならば廃棄ではなく、空母へと改装されたのです。こうして呉海軍工廠にて、1927(昭和2)年3月に竣工しています。

 ただし当時はまだ、航空機が海戦の主力になるとは想定されていませんでした。航続距離は短く、機体も小型で兵装搭載量が少なかったため、戦局を左右するほどの打撃力を持つ兵器だとは認識されていませんでした。

「赤城」はまず、三段式(ひな壇式)の飛行甲板を搭載します。上段を着艦用、中段を小型機の発艦用、下段を戦闘機などの発艦用として運用しました。しかし、航空機の性能が想定を上回る早さで向上、また機体も大型化すると、三段式の空母は飛行甲板の短さなどから使い勝手が悪くなります。

 再度大掛かりな改装を受けた「赤城」は1938(昭和13)年8月、大きな飛行甲板を1枚にした一段全通式の空母に生まれ変わります。これにより、中段と下段の飛行甲板だったスペースを格納庫に転用したことで、搭載できる機数が増大しました。ほかにもエレベーターの増設、2本の煙突をひとつにまとめるなど、装いは近代空母にふさわしいものとなります。

ミッドウェーの海に没するも21世紀に発見

 太平洋戦争が始まる前の戦歴としては、中華民国軍と戦った日中戦争(1937年〜)に出撃。上陸部隊の掩護や支援に従事しました。

 1941(昭和16)年12月、太平洋戦争開戦の契機となった真珠湾攻撃に参加。ほかの日本空母5隻とともに、作戦を成功させます。その後はインド洋へ進出し、翌1942(昭和17)年4月にイギリス軍やオランダ軍などと交戦します。

 インド洋で繰り広げられたセイロン沖海戦では、「赤城」を発艦した攻撃隊がイギリス海軍の空母や巡洋艦を撃沈。南方で連合運を打ち破っていきました。

 しかし同年6月、太平洋戦争における勝敗の分岐点ともいわれるミッドウェー海戦が運命の一戦となります。5日朝、ミッドウェー島の攻撃へ向かった味方機から相次いで「敵艦隊発見」が報告されると、「赤城」の飛行甲板では艦載機に対し、陸上攻撃用の爆弾から艦船攻撃用の魚雷へ転換が行われました。続く攻撃隊の発進は大きく遅れます。

 慌ただしい「赤城」に、アメリカ軍の急降下爆撃機が襲来します。発進準備中の飛行甲板に爆弾が命中し、うち1発が格納庫まで入り込んで爆発しました。格納庫内の爆弾や航空機燃料に次々引火したほか、航行にも支障が出ます。

 大火災に見舞われた「赤城」は消火活動もままならず、また戦死者の増大も相まって自力航行が不能になります。日付が変わるころ、「赤城」の雷撃処分が決定。味方駆逐艦が放った魚雷が命中し、「赤城」は翌6日深夜に沈没しました。なお、この海戦ではほかに、「加賀」など3隻の空母も沈没しています。

 それから77年後の2019年10月21日。「赤城」はミッドウェー沖の海面下5400mで発見されます。発見者はアメリカのマイクロソフト社を創業した故ポール・アレン氏の調査チームでした。なお、「赤城」から33km離れた海面下には、「加賀」も眠っています。