特急列車の指定席など別料金が必要な座席に対して、ノビノビ使いたいなどの理由で特に座るわけでもなく、指定席券を余分に購入するのは許されるのでしょうか。

2枚持っていても有効なのは1枚だけ

 鉄道も混雑するゴールデンウイーク。指定席特急券を購入する際、ノビノビ使いたいから、または荷物を置きたいからといった理由で、隣席分の指定席券を購入して座席を確保したい、といったケースもあるかもしれません。

「しっかり2席分のお金を払うのだから、OKなのでは」と思うかもしれませんが、結論をいうと、この行為は基本的に認められていません。きっぷの使い方などを定めた旅客営業規則(運送約款)を見ると、例えばJRでは以下のような記述があります。

【第147条第5項】
同一旅客は、同一区間に対して有効な2枚以上の同種の乗車券類を所持する場合は、当該乗車については、その1枚のみを使用することができる。同一旅客が、同一区間に対し有効な2枚以上の指定券を所持する場合についてまた同じ。

 具体的に、東京発新函館北斗行きの東北新幹線「はやぶさ1号」に乗車するとします。5号車の10番E席(窓側)と、その隣10番D席(通路側)あわせて2席を予約し、2枚の新幹線指定席特急券を持って乗り込んだとしても、E席に座ればD席の指定席特急券が、同じくD席に座ればE席の指定席特急券が、それぞれ無効になるのです。

「サンライズツイン」は1人利用も可

 近畿日本鉄道や東武鉄道、小田急電鉄など、有料特急列車を運行する各私鉄も、旅客営業規則(運送約款)にはJRと同様のことが記載されています(東武鉄道は2021年、特急「りょうもう」などでソーシャルディスタンス確保を目的に、隣席を小児特急料金で同時購入可能とする特例を期間限定で設けた)。

 つまり指定席券を2枚購入しても、ひとりで同時に使える指定席は1席だけ。残り1席は空いた状態とみなされ、ほかの乗客が座る可能性は十分にあるのです。そもそも、ひとりで指定席を複数占有するということは、本来ならばほかの乗客が座れるところをそうはさせないわけですから、マナーの面でも問題があるでしょう。

 ただし、「1席」ではなく「1室」単位で販売される個室は例外です。例えば、寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」に設けられている2人用のB寝台個室(サンライズツイン)は、ひとりでも利用できます。その場合ひとり分の乗車券のほか、ふたり分の特急券・B寝台券が必要です。

 また車両をまるごと貸し切る場合も、個室のケースと同様です。例えば力士たちが新幹線で集団移動する「相撲列車」では、力士の体格の観点からも隣り合う2席を占有すべく、座席間のひじ掛けを収納して座ることもあるようです。