2社から2車種登場です。

ヴェゼルベースのEV2車種発売

 ホンダの中国現地法人である東風ホンダ(東風本田汽車有限公司)が2022年4月26日(火)、新型EV(電気自動車)「e:NS1(イーエヌエスワン)」を発売しました。5月には同じく中国現地法人の広汽ホンダ(広汽本田汽車有限公司)も、新型EV「e:NP1(イーエヌピーワン)」の予約受付を開始するといいます。

 両車はいずれもホンダブランドとして中国初のEVで、現行「ヴェゼル」をベースとしたSUV型。「e:N(イーエヌ)」シリーズの第1弾と位置付けられています。

 航続距離は中国CLTC基準で510km。そのバッテリーや専用のボディ骨格などで構築される「e:N Architecture F(イーエヌ アーキテクチャー エフ)」を新開発しています。

 インテリアでは、15.1インチの大型ディスプレイオーディオを標準装備。ドライバーのわき見などの危険行為や眠気などを検知し安全運転を支援するドライバーモニタリングカメ(DMC)も設定しているそうです。

 エクステリアはヴェゼルに近いものの、フロントの「H」マークエンブレムは発光するものとなっています。また、リアはHマークではなく、1文字ずつの「Honda」エンブレムを採用し、e:Nの新たなアイデンティティーを表現したということです。

 広汽ホンダ、東風ホンダとも、2024年の稼働を目指しEV専用工場を建設しています。e:NS1、e:NP1を皮切りに、ホンダは中国で2027年までに10車種のe:Nシリーズを投入する予定です。