諫早〜長崎は並行在来線の営業キロが適用されます。

新幹線と在来線特急の乗り継ぎ割引が適用

 JR九州は2022年4月27日(水)、開業をことし9月23日に控えた西九州新幹線 武雄温泉〜長崎間について、運賃や特急料金の上限額を国に認可申請しました。

 運賃計算のための営業キロは、武雄温泉〜諫早では実際の新幹線の距離、諫早〜長崎では、並行するJR長崎本線の営業距離により計算されます。

 なお、近距離利用を促進するため、隣の駅までなどは特急料金を870円に抑えるなどの措置もとられます。

 あわせて、武雄温泉で新幹線と在来線特急「リレーかもめ」(門司港〜博多〜武雄温泉で運転)を乗り継ぐ場合、特急料金は、それぞれの特急料金を1割引きしたものの合算となります。今までは特急券1枚で長崎まで行けたのが、乗り換えにより2本分の特急券を購入することになるため、その救済策となります。

在来線特急で旅行する場合との比較

 では、新幹線が開業して、博多〜長崎間の金額はどうなるのでしょうか。認可時の料金で計算してみます。

【新幹線開業前】
・運賃 博多〜肥前山口〜諫早〜長崎:2860円
・特急「かもめ」博多〜長崎:自由席2200円
合計 5060円

【新幹線開業後】
・運賃 博多〜武雄温泉〜大村〜諫早〜長崎:2860円(在来線ルートと同じ)
・特急「リレーかもめ」博多〜武雄温泉:自由席1200円を1割引きで、1080円
・新幹線 武雄温泉〜長崎:自由席1760円を1割引きで、1580円
合計 5520円

 となり、合計額では460円の増額となります。

 指定席料金は、特急料金に530円(通常期)または730円(繁忙期)が追加されます。