国際線エリアから出発、レアじゃない?

6月12日に遊覧チャーター

 JAL(日本航空)と阪急交通社は鹿児島空港開港50周年企画として、2022年6月12日(日)に、JALが羽田発着の国内幹線などに投入している新鋭主力機「エアバスA350-900」を用いた、鹿児島空港発着の富士山遊覧チャーターを運航します。A350-900が鹿児島空港に飛来するのはこれが初めてとのことです。

 チャーターフライトでは、JALのCA(客室乗務員)から構成される地域活性化チーム「ふるさと応援隊」が乗務し、機内では同型機の特長でもある、全席に設置された個人モニターを使用し「動画 de 航空教室」を実施します。また遊覧チャーターとはなるものの、今回は特別に国際線ターミナルを利用します。フライト時間は約3時間で、1席あたりの代金は3万5000円からです。

 JALと阪急交通社は「今後もさまざまな取り組みを通じて、お客さまへ感謝をお伝えするとともに、旅の再開に向けて日本中に元気をお届けする企画に取り組んでまいります」としています。