海上自衛隊の輸送艦だった初代「おおすみ」と「しれとこ」は、かつて542億円もの現金を海上輸送する任務にあたったことがありました。もちろん厳戒態勢下、届け先は日本復帰直前の沖縄、現在の価値でおよそ1540億円を輸送する一大作戦です。

国が変わるなら通貨も切り替えなきゃ

 2022年5月15日は、沖縄の本土復帰50年の節目の年です。半世紀前の1972(昭和47)年5月14日まで沖縄はアメリカの施政権下にありました。そのため沖縄諸島(琉球諸島および大東諸島)では様々なものがアメリカ式であり、経済の根幹をなす通貨(流通貨幣)もドルでやり取りされていました。

 しかし、沖縄の施政権がアメリカから日本に移されるということは、すなわち通貨についても円建てになるということです。銀行の金庫の中から、個々の住民のポケットマネー、それこそ各家庭のタンス預金まで日本円に両替しなければなりませんでした。そこで、関係者は沖縄の本土復帰が具体的になるとともに、沖縄の通貨を「ドル」から「円」に切り替えるための諸準備に着手しました。

 まず、沖縄諸島内にどれほどの民間資産があるか算定する必要がありました。これについては関係者の尽力によって、沖縄の人々の手持ち財産は約6000万ドルと判明します。それに法人資産や申告外の資産を加算すると、日銀(日本銀行)は1億ドル程度ではないかと試算。当時のレートは1ドル=360円(当時ニクソンショックで306円だったが、沖縄は本土復帰にあたり特例で360円計算)だったので約360億円です。

 これに万一の際の予備ぶんを含めて必要金額は542億円と見積もります。そして、このうち、紙幣が517億円で約22t、硬貨が25億円で約293tとはじき出し、沖縄に運ぶべき通貨の量を合計約315tと算出しました。これは、現在の価値でおよそ1540億円になります(総務省統計局「消費者物価指数」をもとに算出)。

初代「おおすみ」と「しれとこ」はアメリカ生まれ

 ただ、今度は現金の運搬手段が問題になりました。当初は飛行機で運ぼうとしたのですが、総重量315tは3tコンテナ161個ぶんに上り、飛行機では無理です。そこで海路にて運搬することになったものの、民間の貨物船で運んだ場合、もし仮に強奪されれば大問題です。また、当時は米軍基地問題や安保闘争、沖縄返還の反対運動などが非常に活発な時世だったため、いわゆる過激派の襲撃も想定する必要がありました。

 そこで白羽の矢が立ったのが自衛隊でした。自衛隊の艦船であればそもそも武装していますし、乗員が小銃や機関銃を携行することも可能です。隊員の身分もしっかりしているので問題ありません。こうして海上自衛隊の輸送艦が用いられることになったのです。

 当時、海上自衛隊にはアメリカから供与された3隻が輸送艦として運用されており、それぞれLST4001「おおすみ」、同4002「しもきた」、同4003「しれとこ」と、艦番号および名称が付けられていました。

 これらは第2次世界大戦中に建造されたLST(Landing Ship Tank:戦車揚陸艦)で、基準排水量は1650トン、満載排水量は4080トン、最大速力11ノット(約20.37km/h)という性能でした。また武装は、1番艦「おおすみ」が40mm単装機銃2基、「しもきた」と「しれとこ」が同連装機銃2基を装備していました。

 この3隻のうち「おおすみ」と「しれとこ」が輸送任務を担当することとなり、警察庁やアメリカ軍の協力の下、4月下旬に「現金輸送作戦」は実施されることになります。

航行ルートは極秘、海自屈指の一大輸送作戦

 1972(昭和47)年4月26日午前2時、約500人の警視庁警察官が警戒にあたるなか、東京の日銀本店を、警官と日銀職員を乗せたトラックが出発、約12km先の大井ふ頭で待つ2隻の輸送艦に現金の入ったコンテナを届けました。なお港の周囲は警視庁(陸側)と海上保安庁(海側)の厳戒態勢下に置かれ、艦の船底にも潜水員が潜って不審物や不審人物の有無が徹底的に探索されていました。

 そして翌27日、2隻の輸送艦は大井ふ頭を出港しましたが、沖合に出ても警戒は続きます。東京湾を出ると、露払いとして横須賀から来た3隻の護衛艦が輸送艦の前方に傘型で護衛に着き、上空には千葉県下総基地から飛んできたP2V対潜哨戒機が昼夜交代しながら警戒に就きました。しかも九州の近海に入ると下総基地所属の機体と入れ替わる形で今度は鹿屋基地から同じくP2Vが飛来し、沖縄までやはり直衛に就いています。

 この時の航路は極秘とされ、いまだに明らかにされていません。しかし、話によると民間船舶が近付かないよう一般の航路帯よりも南側をとったそうです。そして、仮に民間船舶や航空機が近付いてきた場合は、護衛艦のレーダーもしくは上空を飛ぶP2Vによっていち早く探知し、大事をとって早めに安全針路に変針するようにしていたとか。ただ行き交う船はほとんどなく、大きな進路変更のないまま南下できたとのことでした。

 こうして6日後の5月2日に沖縄へ着きましたが、大量の現金を荷降ろしするために入港は一般港ではなくアメリカ軍管理の那覇軍港とされ、埠頭はMP(憲兵)と琉球警察(当時)が合計400人態勢で警備に当たりました。ちなみに琉球警察全体では、警察官の総数は約700人であったため、そのうちのかなりの数が動員されたようです。

無事お届けもしばらく帰れなかったワケ

 このような厳戒態勢のなか、無事、大量の現金は新設された日銀那覇支店の地下金庫に納められ、今度は離島を含む津々浦々の金融機関に向けて届けられます。しかし、輸送艦2隻は本土に帰ることなく那覇軍港に留まりました。

 なぜなら現金輸送はこれで終わりではなく、今度は円と換金されて沖縄中から集められたドルを本土に持って帰る任務が待っていたからです。

 5月15日の復帰の日以降、沖縄諸島の各地で換金が始まりましたが、数日後ドルが日銀那覇支店に集約されると、それらはまたコンテナに詰められて海自の輸送艦に積載され、ドルを持ち帰るために、再び護衛艦とP2V対潜哨戒機が警戒するなか、帰路に着きました。

 ちなみに現金輸送のために準備されたのは、海自の輸送艦2隻だけではありませんでした。実はこのほかに陸上自衛隊のヘリコプター3機と航空自衛隊の輸送機1機も待機しており、この現金輸送作戦は陸海空の三自衛隊をあげた防衛庁(当時)の一大任務だったのです。

 まさしく自衛隊以外にはなし得ることの難しい、前代未聞の大作戦だったといえるでしょう。

 それでは最後にひとつトリビアを。この一大輸送作戦、542億円を運ぶためにかかった輸送費は4億4000万円(当時)、そして万一のためにかけた保険金は掛け捨てで1億8000万円(同)だったそうです。