カタール海軍最大級の水上艦です。

艦載ヘリの運用も可能な多用途艦

 イタリアの造船メーカー、フィンカンティエリは2022年4月28日、カタール向けに建造した新型コルベット「ダムサ」を同国海軍に引き渡したと発表しました。

「ダムサ」はアル・ズバラ級コルベットの2番艦で、全長107m、幅14.7m、排水量は3250トン、乗員は最大112人(固有の乗員98人)とのこと。機関は複数のディーゼルエンジンを搭載するCODAD(COmbined Diesel And Diesel:コンバインド・ディーゼル・アンド・ディーゼル)方式で、最大航続距離は3500海里(約6500km)、最大速力は28ノット(約51.86km/h)だといいます。

 搭載武装は76mm速射砲1基、遠隔操作式の30mm機関砲2基のほか、「アスター30」対空ミサイル16基、「エグゾセ」MM40ブロック3対艦ミサイル8基、さらに近接防空用としてRIM-116対空ミサイル発射機1基を装備。加えて船体後部には飛行甲板と格納庫が設けられており、NH90艦載ヘリコプターの運用も可能です。

 ほかにも「RHIB」と呼ばれる高速ボートなどを装備しており、水上戦闘だけでなく海難救助や洋上監視など、さまざまな任務に対応できる能力を「ダムサ」は備えているそうです。