参加機、全種類わかりますか?

壮観! 7種類の日米機が勢ぞろい

 航空自衛隊の三沢基地は2022年5月13日、「エレファントウォーク」と呼ばれる、多数機発進準備訓練を実施、基地の公式Twitter(ツイッター)において、その様子を公開しました。

 実施に際しては同じく三沢基地に所在するアメリカ空軍や海軍とも連携し、日米共同で行ったとのこと。画像ではF-35A戦闘機のほか、F-16C戦闘機やEA-18G電子戦機、E-2C早期警戒機、プロペラ機のC-12汎用輸送機、さらには大型のP-8海洋哨戒機といった姿も確認できました。

 多数機発進準備訓練とは、複数の航空機が滑走路においてタキシング(地上滑走)し、多数機による運用能力や即応態勢を確認するものです。

 なお、アメリカ空軍三沢基地の発表によると、今回のエレファントウォークに先立ち、5月7日から5月13日まで「ビバリーサンライズ22-04」演習を実施していたとのこと。この演習では三沢基地と横田基地を舞台に、緊急時における作戦能力をテストしたそうです。

 具体的には、三沢基地所在の人員とF-16C/D戦闘機を横田基地に実際に移動・展開するもので、これは「Agile Combat Employment(機動展開訓練)」略して「ACE」と呼ばれるものです。これにより、将兵のマルチスキル化(MCA)を高め、即応性の維持・向上を目的にしているといいます。なお、アメリカ空軍三沢基地では2021年3月や同年9月にも実施しています。

 この「ビバリーサンライズ22-04」演習の一環として、日米間のチーム力を三沢基地で実証すべくエレファントウォークを行ったとしており、アメリカ側の発表によると、F-16C戦闘機16機、航空自衛隊のF-35A戦闘機12機、航空自衛隊のE-2C早期警戒機2機、航空自衛隊のCH-47J輸送ヘリ1機、アメリカ海軍のEA-18G電子戦機1機、同海軍のC-12汎用輸送機1機、同じく海軍のP-8哨戒機1機が参加したとのこと。

 航空自衛隊三沢基地は今回の画像公開に合わせ、「本訓練を通じ日米同盟の抑止力・対処力を強化し、地域の平和と安定に寄与してまいります」とコメントしています。