ある程度“キリのよい”数字の長さで設置されていることが一般的な日本の滑走路で、数少ない例外なのが、伊丹空港の「1828m」のA滑走路です。なぜこのようになったのでしょうか。そして、どのように使用されているのでしょうか。

伊丹空港のB滑走路は3000m A滑走路は中途半端?

 日本の空港の滑走路は成田空港A滑走路(4000m)や羽田空港A滑走路(3000m)のように1000m刻みのもの、福岡空港(2800m)のように100m刻みのもの、羽田空港C滑走路(3360m)のように10m刻みのものと、ある程度“キリのよい”長さで設置されていることが一般的です。

 ただ、この例外となる国内空港も滑走路も数少ないながら存在します。たとえば伊丹空港のターミナル側にあるA滑走路。この長さは1828mと、とても中途半端な値なのです。ちなみに、同空港のB滑走路は3000m。では、なぜ1828mの滑走路が設定されたのでしょうか。

 伊丹空港A滑走路が現在の長さとなったのは、戦後「伊丹航空基地(エアベース)」の名で占領軍の接収下に置かれていた同空港が全面返還された、1958年3月のことだそうです。

 同空港を運営する関西エアポートの担当者の説明によると、このとき日本式の「メートル法」でなく、アメリカなどで使用されている「ヤード法」という単位で、工事が進められたとのこと。1828mはヤード法に換算するとちょうど2000ヤード。A滑走路の長さが中途半端なのは、この単位の差により生じたものといわれているそうです。

 現在の伊丹空港では、これら2本の滑走路を用いて大小さまざまな旅客便の発着を処理しています。おもにA滑走路は小型のジェット機やプロペラ機、B滑走路はボーイング777や787、エアバスA350といった大型のジェット機が離着陸していますが、いつもこのパターンとは限りません。

機長が話す!小型機の「A/B滑走路の使い分け」

 伊丹空港では、JAL(日本航空)グループのJ-AIRが運航する100席以下の小型ジェット旅客機で、1828mのA滑走路にも発着できる「エンブラエル170・190」の2機種が、長いB滑走路に着陸するシーンが見られます。

 2022年5月に実施されたJ-AIRの航空教室で、同社のパイロットは「エンブラエル170・190は『どちらでもいけるけど、できればA滑走路を使用するように』というのが原則です。使用滑走路はパイロットの要求が優先されますが、A滑走路に離陸機が集中しているときなどは管制官のリクエストでB滑走路を使うこともあります」と解説します。

「長い滑走路を要求するのは、たとえば悪天候のときなどです。伊丹空港の場合、長いB滑走路のみに、ILS(計器着陸装置。着陸進入時電波を使って旅客機をガイドすることにより、視界が悪いときにでも安全に着陸ができる)が備わっており、悪天候時で視界が悪くてもそれを使って確実に着陸したいときなどはB滑走路を使います」(J-AIRのパイロット)

 また同氏は、天気がさほど悪くなく視界がよい状況でも、B滑走路を選ぶケースがあると続けます。

「たとえば風が西から東、つまりターミナルを超えるような形の乱れた風が、A滑走路の近くに吹くときは着陸間際に揺れるのです。そのときはあえて、風下側にある長いB滑走路を選択しようかと考えることもあります」

※ ※ ※

 このほか、J-AIRが伊丹空港で実施している実機を用いた航空教室では、同社の現役機長やCA(客室乗務員)による旅客機の解説などが数多く披露されています。