「コイキング」が機体に描かれてるのも、なんか胸熱…!

「ホエルオー」はほぼ実際の大きさ

 スカイマークから2022年5月30日にデビューする、株式会社ポケモンとのコラボレーション特別塗装機「ピカチュウジェット BC」の2号機、「ピカチュウジェット BC 2」。就航当日の朝、報道陣に向けその実機が公開されました。羽田空港の格納庫では、1号機と2号機、ふたつの「ピカチュウジェット BC」が並びました。

 同機はスカイマークがポケモンが展開する観光促進策「そらとぶピカチュウプロジェクト」に賛同したことで誕生したもの。なお、1号機は2021年6月より運航開始されており、イエローのベースカラーを持ち、全面に「ピカチュウ」があしらわれているデザインです。

 一方、今回デビューする2号機は、毛色が大きく変わり「海」をイメージした特別塗装をまといます。機体中央にはうきくじらポケモンの「ホエルオー」がほぼ実際の大きさ(「ポケモンずかん」によると14.5m)で描かれているのが特徴。このほか、「ピカチュウ」「シェイミ」「コイキング」などが胴体に描かれています。担当機はボーイング737-800「JA73NG」です。

 機内は2号機限定デザインのヘッドレストカバーなどが装着され、座席上の読書灯は、モンスターボールを模したデザインが採用されています。また、機内BGMやアナウンスも「ピカチュウジェット BC」仕様に。CA(客室乗務員)も特別仕様のエプロンを装備し接客にあたるとのことです。

 今回デビューする「ピカチュウジェット BC 2」の初便は30日のBC519便(羽田15時35分→那覇18時20分着)。その後、沖縄那覇・宮古下地島発着路線を中心にスカイマーク全路線で5年間運航される予定です。