1960年、後に「日本一豪華な私鉄特急」と呼ばれる車両が東武鉄道に登場しました。1720系「デラックスロマンスカー」です。フリースペースやビュッフェを備え、座席は当時の国鉄特急の1等車並み。誕生の背景を探ります。

私鉄特急で最高の豪華さといわせしめた

 東武鉄道の看板特急といえば100系「スペーシア」で、個室やビュッフェを備えた豪華な設備が有名です。2023年の登場を予定している新型N100系も、個室やカフェ車両を備えるそうで、登場が待ち望まれています。

 この豪華看板特急の先駆けとなった特急車両が、1960(昭和35)年に登場した1720系「デラックスロマンスカー」です。この車両は、登場時はもとより20年あまりを経ても、鉄道雑誌で「国鉄グリーン車以上」「日本の特急でサロン室があるのは、東武のみ」と評価され、「私鉄で最も豪華な車両」として長く知られました。

 それを体感する車内設備のひとつが座席でしょう。2022年現在も東武博物館や岩槻城址公園、わたらせ渓谷鐵道の神戸駅(群馬県みどり市)にある「電車のレストラン 清流」の保存車両で体験できます。回転式リクライニングシートのシートピッチは1100mmで、背もたれは深く倒れ、フットレストも設けられています。窓下には折り畳みテーブルも設置され、現在の最新特急と比較してもひけを取らない居住性です。

 なお、「デラックスロマンスカー」登場の2年前、国鉄は画期的な電車特急20系(後の151系)「こだま」形を登場させました。この電車は全車両に冷房が備え付けられ、2層固定窓などによって静粛な車内空間を実現したこともあり、「デラックスなビジネス特急」として大変な好評を博していました。

「マジックドア」とは

 ただ、この151系ですら2等車のシートピッチは910mmで、リクライニングしない回転式クロスシートでした。1等車でようやくシートピッチ1160mmの回転式リクライニングシートです。一方の「デラックスロマンスカー」は、この広いシートピッチが全車両に備わっており、全車両ハイグレードな点は近鉄特急「しまかぜ」に通じるものがあります。筆者(安藤昌季:乗りものライター)は、国鉄特急のグリーン車も「デラックスロマンスカー」も現役時代に乗車していますが、どちらも素晴らしい座り心地だと感じました。

「デラックスロマンスカー」の豪華さはそれだけではありません。貫通路に日本の鉄道車両で初となる自動ドアが採用され、これは「マジックドア」と呼ばれました。国鉄が車内に自動ドアを導入するのは、1964(昭和39)年の0系新幹線からでしたから、当時はとても先進的な設備でした。

 さらに、4号車には「サロンルーム」がありました。この空間は8脚の1人がけアームチェアが置かれたフリースペースで、乗客は自由に利用できました。ここにはジュークボックスも置かれ、レコードで音楽を楽しめたのです。昼行特急における供食設備を備えない定員外フリースペースは、1989(平成元)年の485系「スーパー雷鳥」グリーン車ラウンジまで登場せず、「デラックスロマンスカー」は長く孤高の存在でした。

 ビュッフェも2号車と5号車の2か所に設置されており、東武ホテルによるシートサービスも行われていました。引退寸前の1990(平成2)年時点でも、メニューは上り列車と下り列車で異なる凝り用で、上り列車の場合は飲料がコーヒーや紅茶など9種類、酒類はビールなど7種類、軽食が「御料理弁当」など3種類。コーンスープやおでんも提供されていました。

国鉄に脅かされていた東武特急

 ここまで豪華車両が投入された理由には、1960年代の日光を巡る、東武と国鉄の競争にあります。国鉄は1956(昭和31)年、キハ55系を日光線の準急「日光」に投入。上野〜宇都宮間では大宮駅すら通過するノンストップで、日光駅まで2時間4分で結びました。

 同年、東武鉄道はビュッフェカウンターと売店を備えシートをリクライニングとした、「デラックスロマンスカー」の前身1700系電車で対抗します。1700系は特急として浅草〜東武日光間をノンストップの1時間55分で結びました。しかし翌1957(昭和32)年、国鉄は準急「日光」を東京駅始発とし、利便性で浅草駅を起点とする東武特急を脅かします。

 同じころ国鉄日光線の電化を進め、国鉄は1959(昭和34)年に、準急用車両ながら特急形151系とほぼ同一仕様の157系電車を投入しました。157系はスピードアップにも寄与し、東京・新宿〜日光間を1時間57分で結びました。

 東武も黙ってはいません。1700系へ冷房設備を搭載するなどサービス水準を上げつつ、対国鉄の切り札として1720系「デラックスロマンスカー」を投入したのです。ちなみに157系の冷房設備は1962(昭和37)年まで待つことになります。

「リバティ」を上回る性能!

「デラックスロマンスカー」は、日光が世界的な観光地であることから、車内設備に「外国人観光客に好まれる優れた居住性」を追求しました。その様相は先述の通りですが、車両性能面では「軽量構造の全電動車で加減速力を大きくする」ことを重視しました。

 設計最高速度165km/h(営業運転での最高速度は110km/h)、起動加速度2.3km/h/sは、「リバティ」に使われる最新の東武500系電車(設計最高速度130km/h、起動加速度2.23km/h/s)をも上回るもので、東武が対国鉄を多分に意識していたことが伺えます。

「デラックスロマンスカー」は大好評で、国鉄の準急を圧倒します。既存の1700系も、1971(昭和46)年より「デラックスロマンスカー」の1720系と同じ車体・台車に変更し、性能やサービス面を合わせたほどでした。

 1720系(1700系を含む)は、1990(平成2)年に後継車両の100系電車「スペーシア」が登場したことで置き換えの対象となり、1991(平成3)年に全車両が引退しました。台車、主電動機、座席(現在は交換済み)などは200系電車に流用され、現在も特急「りょうもう」として走っています。

 なお2021年12月、100系が「デラックスロマンスカーカラー」に変更されました。N100系が登場する前に、この色の「スペーシア」で往時を偲ぶのも楽しそうです。