1975年の今日、戦後初の国産戦闘機が初飛行しました。開発は三菱重工業が担当。F-1は国産戦闘機として初めて音速も突破し、各種ミサイルやロケット弾、バルカン砲などを積んで、長きにわたり日本の空を守りました。

原型は超音速高等練習機T-2

 1975(昭和50)年の6月3日は、ジェット戦闘機F-1の試作初号機が初飛行した日です。同機は、先行して三菱重工業が開発した超音速練習機T-2を母体に誕生した戦後初の国産戦闘機で、量産型のF-1が初飛行するのは、それから2年後の1977(昭和52)年6月16日のこと。航空自衛隊での運用は同年9月から始まります。

 当初はアメリカ製の戦闘機を採用する計画もあったものの、我が国の航空機産業の育成を考慮して独自開発が選択されました。ただ、コストの観点などから仕様はT-2と極力共通化されます。最大速度はマッハ1.6、固定武装として20mmバルカン砲を搭載し、対空ミサイルだけでなく対艦ミサイルや爆弾なども搭載でき、戦闘機というよりも攻撃機や戦闘爆撃機に近い性格の機体でした。

 実際、F-1は対地・対艦支援をするための戦闘機だとして、「支援戦闘機」などと呼ばれていました。特に、ほぼ同時期に開発された国産のASM-1空対艦ミサイルを運用可能な唯一の機体であり、島国である日本を防衛するには有用とのことで、後継となるF-2戦闘機などが登場するまでは重要な戦力に位置付けられていました。

 その一方で、F-4EJ「ファントムII」やF-15J「イーグル」といった戦闘機とともに対領空侵犯措置任務に就いています。また有事の際には、対艦対空任務だけでなく陸上自衛隊の地上戦闘を空から支援すべく、各種爆弾やロケット弾を用いた対地攻撃任務も想定されていました。

最後まで運用していた基地は?

 1990年代に入ると、非力なエンジンとともに搭載するシステムも陳腐化が進み、性能的にF-1は時代遅れになりつつありました。ただF-2の生産遅延もあり、しばらくは運用されることとなります。

 F-1は初飛行から約12年間で計77機が生産され、3個飛行隊に配備されましたが、そのうちのひとつ、青森県の三沢基地に所在する第8飛行隊が、まず1997(平成9)年にF-1からF-4EJ改へ機種更新を行います。

 その後、後継となるF-2戦闘機が制式化されたことで世代交代が進み、2001(平成13)年に第8飛行隊とともに三沢基地でF-1を運用していた第3飛行隊がF-2に機種更新。そして2006(平成18)年には、福岡県の築城基地に配備されていた第6飛行隊所属の最後の6機がラストフライトを実施。これにてF-1は退役しました。

 第2次世界大戦に敗北した後、サンフランシスコ平和条約の発効まで航空機の研究や開発を禁止されていた日本でしたが、戦後初の国産戦闘機は約30年にわたり、自衛隊機として日本の空を守ったのでした。