揺れたら普段と比べてクラクラきそうですね…。

2022年秋導入予定

 ドイツのコンドル航空が2022年秋に導入を予定している「エアバスA330neo」に新仕様の客室を導入する予定です。同社は全面「シマシマ模様」のストライプ塗装の導入を2022年4月に発表。その斬新な塗装は世界の航空ファンを驚かせました。このたび発表された新客室も、シマシマ模様が各所に見られるデザインとなっています。

 コンドル航空のA330neoは、フルフラットシートを備え全席が通路に面するビジネス、エコノミーより13cm広いシートピッチをもつプレミアムエコノミー、13.3インチの4Kモニターを搭載したエコノミーの3クラスで構成され、計310席を配します。また機内は高速インターネットに対応しているほか、多様な機内エンターテインメント、Bluetoothを用いたヘッドセットなどが提供されるとのことです。

 なお、新仕様の客席の一部にはシマシマ模様のヘッドレストがあしらわれているほか、客席を仕切るカベもシマシマ模様のものが採用されています。

 ちなみに、このシマシマデザインの採用について、コンドル航空は、旅行会社傘下からスタートしたレジャー路線特化型の航空会社であることから、”夏の休暇”を表現したものとしており、パラソルやバスタオルなどの柄から着想を得たものとしています。

【映像】シマシマだらけ! コンドル航空の客室の全貌