4両が改造されます。

改造両数は4両

 JR北海道は、2022年6月3日(金)に発表した「JR北海道グループ 経営改善に関する取り組み」において、H100形ディーゼルカーの観光列車化改造を行うことを明らかにしました。

 H100形は、ディーゼルエンジンの動力で発電した電力によりモーターを回して走行する電気式のディーゼルカーで、愛称は「DECMO」(デクモ)です。

 キハ40形を中心とした普通列車のディーゼルカーを置き換えるため、2018年に量産先行車2両が登場。2020年からは量産車も登場し、函館本線小樽〜長万部間や宗谷本線旭川〜名寄間、石北本線新旭川〜上川間、室蘭本線長万部〜室蘭間・東室蘭〜苫小牧間、根室本線新得〜釧路間で使われています。

 観光列車化改造を行うのは4両。2022年度の第3四半期(10月から12月まで)に目標設定を掲げています。なお第2四半期(7月から9月まで)にはH100形を8両導入するとしています。