こんなんが飛ぶなんてロマンしか無い!

1時間26分飛行

 ストラトローンチ・システムズは現地時間2022年6月10日、同社の手掛ける世界最大級の飛行機「ロック(Roc)」が、6度目となるテストフライトを実施、無事に着陸したと投稿しました。

「ロック」は、「空飛ぶロケット発射台」として開発された飛行機で、初飛行は2019年4月。世界に1機のみの機体で、6発のエンジン、約73mの全長、そして飛行機としては世界最大となる約117mの全長をもちます。またこの機は、胴体のあいだのスペースにロケットなどを搭載するため、1つの機体に2つの胴体がついた「双胴機」のスタイルを採用。大きさ、その形とともに唯一無二の飛行機となっています。

「ロック」のテストフライトは約1か月ぶりとなり、今回が6回目。テストフライトでは、同社の拠点であるモハーベ空港上空を1時間26分飛行し、高度1万5000フィートに到達。このほど「ロック」に設置された、ロケット推進の極超音速機の輸送・切り離しのために使用される「パイロン」の動作確認や、着陸装置操作の動作検証などが実施されたとのことです。

【映像※現実です】超巨大双頭竜飛行機「ロック」6度目のフライト(約1分)