JALが本物のパイロットがコクピットから、機内の状況をリアルタイムで解説しながらフライトするチャーター便を運航。その便に搭乗取材をしたところ、普段の便ではできないようなファン向けの工夫が多数ありました。

JALパイロットが「本気で企画」

 乗客として旅客機に乗るとき、コクピットに座るパイロットがどのようなことを考え、どういった操作をしているのか――乗客が当該便運航の裏側をリアルタイムに知ることは、ほとんど不可能です。そのようななか、JAL(日本航空)が2022年6月11日、本物のパイロットがコクピットから、それらをリアルタイムで解説しながらフライトするチャーター便を運航しました。

「『RWY35,Clear to land.』。いま、ランウェイ35(北海道・帯広空港の滑走路に北向きに進入)への着陸許可を得ました。当機はまもなくギア(車輪)を降ろします」。これはこのチャーター便の着陸直前で機内に流れたアナウンスの一例です。

 このフライトは、JALパイロットが「本気で企画した」という日帰りツアーの一環で実施されました。ツアーは、羽田空港から帯広空港へフライトしたのち、現地にある「パイロットの原点」という航空大学校帯広分校を“卒業生”であるボーイング737のパイロットとともに楽しんだのち、日帰りで帰京するというものです。

 使用する飛行機は、ボーイング737-800国際線仕様機(V40仕様。機体番号JA317J)。同便は航空ファンや家族連れなど約110人の乗客を乗せ、羽田空港を11時40分に出発しました。パイロットによるリアルタイム解説は、離陸前のエンジンスタートの説明から始まります(操縦担当とは別に解説担当のパイロットが同乗)。乗客には、パイロットの裏話や、フライト中どのようなことを考えているかといった解説や、空港からの離陸方式、着陸方式などを細かく記載した「しおり」も配布されています。

巡航中・着陸時も工夫の数々が目白押し!

 このフライトはファン向けの特別チャーターということで「現役パイロットによる生解説」以外にも、違いがあります。通常、羽田発帯広行きのJAL便の所要時間は、1時間35分(数値はダイヤ上のもの)。ただこの日は、遊覧のため函館上空での旋回を実施するなどし、到着まで約2時間30分を要しました。

 巡航中も「今センタータンクの燃料がなくなりましたので、ウイングタンク(主翼のなかにある燃料タンク)からの供給に切り替えている最中です」「お客様に空の景色を見ていただきたいのでフライトレベル330(3万3000フィート。約1万58メートル)まで上昇します」といった解説が実施されました。

 帯広空港は雨が振り、視界も悪いなかでの着陸。解説担当のパイロットによると、この日は、滑走路から縦方向と横方向の電波が射出されており、パイロットはそれらをガイドに滑走路までたどり着く「ILS(計器着陸装置)進入」を用いたそうです。

「天気がよくなかったのが残念でしたが、こういった難しい天気をどうパイロットが飛んでいるのかという、『安全運航の取り組み』をご紹介できたので、その意味ではよかったと思います」。降機後解説担当のパイロットはこのようにコメントしています。

 ちなみに今回のチャーター便の主役である旅客機「ボーイング737」、担当するパイロットはこの旅客機を、「操縦のダイレクト感がとくに大きく出る飛行機なので、新人訓練の場でも多く使われます」と評します。

【実際の映像】レアすぎる!! JALの現役パイロットによる着陸進入生解説(75秒)