文字通りのマスゲームみたいな駐車場に!

「自動バレーパーキング」ついに国内の商業施設で初導入

 三菱重工業と三菱重工機械システム、フランスのスタンレーロボティクス社が2022年6月13日より、国内の商業施設で初となる「自動バレーパーキング」の実証実験を始めました。

 スタンレー社の車両搬送用AGV(Automated Guided Vehicle)ロボット「Stan」を用います。

 今回は三菱地所グループが運営する千葉県の酒々井プレミアム・アウトレットの関係者駐車場にて実施。実環境に近い形でAGVロボットによる車両の自動搬送実証を実施し、搬送性能の検証、利用満足度の評価を行います。

 このStanは、自動走行ロボットに、車両の長さに合わせて自動調整する板状のプラットフォームが組み合わされたもの。この板を車両下部に潜り込ませ、4輪を持ち上げて搬送します。つまり、自動で車両を所定の場所へ駐車してくれる、あるいは持ってきてくれるサービスです。

 利用者は施設付近に設けられた屋根のある「バース」にクルマを停めます。帰宅の際は、スマホアプリで出庫予約を行い、予約時間に合わせて車両がバースまで自動搬送されます。

 バースに停められた車両は、AGVロボットがロボット駐車エリアに自動搬送。限られた駐車エリアを効率的に利用でき収容効率が向上するほか、区画された駐車エリア内のため、場内の事故や車上荒らしの防止にもつながります。

 ちなみにStanによる自動バレーパーキングは、フランスのリヨン空港、イギリスのガトウィック空港駐車場で導入済。三菱重工らは今回の実証実験を経て、同サービスの国内事業化へ向けた取り組みを加速するとしています。