とうとうオールフラットな中国空母が誕生!

スキージャンプ無し カタパルト射出式

 中国3隻目の正規空母が2022年6月17日、上海にある中国造船グループ江南造船所で進水しました。艦番号は18、艦名は「福建」です。

 説明によると「福建」は中国の完全オリジナル空母で、初の射出カタパルト装備の空母になるとのこと。

 排水量は約8万トンで、カタパルトは電磁式、スキージャンプのないフラットな全通飛行甲板を備えているのが特徴です。

 これまでに中国は「遼寧」「山東」の2隻の空母を就役させていますが、「遼寧」はウクライナから購入した未成空母を改装する形で誕生したため、国産空母としては「山東」に次いで2隻目になります。

 今後は各種海上試験が計画されているとのことで、一部報道によると就役は2024年を予定しているといいます。