団司令がコメントで「かかってこいや〜!」と挑発。

何度も活動停止と再開を繰り返してきた伝統部隊

 アメリカ空軍は2022年6月9日、ネバダ州にあるネリス空軍基地において第65アグレッサー飛行隊を再編し、再び活動を開始させたと発表しました。

 第65アグレッサー飛行隊は、第5世代の敵機の動向を調査・研究するのが目的の、いわゆる仮想敵部隊で、そのために最新のステルス戦闘機であるF-35A「ライトニングII」戦闘機を運用します。

 第65飛行隊は伝統ある部隊で、創設は太平洋戦争開戦前の1941(昭和16)年1月。ニューヨーク州でP-40「ウォーホーク」戦闘機を運用する戦闘飛行隊として新編されています。その後、終戦に伴い、いったんは活動を停止しますが、1年後の1946(昭和21)年8月にアラスカ州配置の戦闘機部隊として現役に復帰、1958(昭和33)年まで米ソの最前線で任務に就きました。

 その後、再び不活動状態になったのち、1969(昭和44)年にネリス空軍基地で再活性化、1975(昭和50)年以降、F-5E「タイガーII」戦闘機装備のアグレッサー飛行隊に姿を変え、冷戦終結とともに1989(平成元)年4月に活動を終えます。

 しかし、2005(平成17)年9月に三たび現役復帰すると、今度はF-15C/D「イーグル」戦闘機を装備するアグレッサー飛行隊として2014(平成26)年まで活動し続けました。

 そして、4回目となる今回のアクティブ化により、ステルス戦闘機を運用する初のアグレッサー飛行隊に姿を変えたのです。

「ステルス・アグレッサー」新編は中国台頭が要因

 今回、第65アグレッサー飛行隊がF-35A「ライトニングII」戦闘機を装備の仮想敵部隊として活動をスタートしたのは、中国の台頭があるといいます。

 第65アグレッサー飛行隊の活動再開を記念する式典は6月8日に行われましたが、その際、上級司令部である航空戦闘軍団(エア・コンバット・コマンド:ACC)司令官のマーク・ケリー空軍大将は、次のように述べています。

「中国の第5世代および(将来出てくるであろう)第6世代戦闘機の脅威が高まっていることから、ラングレー(バージニア州)、エルメンドルフ(アラスカ州)、ヒル(ユタ州)、エイルソン(アラスカ州)、そしてネリスといった場所に、敵の第5世代機の能力を再現できる専門のアグレッサー飛行隊が必要です」

 ネリス空軍基地には、第65アグレッサー飛行隊とは別に、F-16C/D「ファイティング・ファルコン」戦闘機を運用する第64アグレッサー飛行隊も所在します。

 第64と第65、2つのアグレッサー飛行隊を統括するのは第57航空団ですが、その団司令を務めるマイケル・ドロリ―准将は、「今回の第65アグレッサー飛行隊の再活性化は、ハイエンドな空戦を行うためには第5世代戦闘機の能力が必要であることを示すものであり、(第65アグレッサー飛行隊が)活動を開始することで戦技研究と訓練を強化することが可能になります」と述べています。

 さらに彼は、「我々が他基地の飛行隊や同盟国空軍部隊に対して発するメッセージは単純である。戦うためにネリスへ来い。アグレッサー飛行隊は準備ができている」ともコメントしています。