完全に取りに行ってる!

ウィラー/京成/国際/LPSでタッグ

 ウィラーは2022年7月1日(金)、池袋駅と成田空港を結ぶ低価格直行バス(LCB、ローコストバス)「成田シャトル池袋線」の運行を8月1日から開始すると発表しました。

 池袋駅西口に発着し、成田空港までを最短80分で結びます。成田空港行が8便、池袋行きが10便の計18便。運賃は大人1900円で、出発24時間前まで予約可能な席数限定の早得プランで事前決済すると1500円になります。

 運行はウィラー、京成バス、国際興業、リムジン・パッセンジャーサービスの4社で共同。「成田シャトル」としては、ウィラーらが運行する大崎発着便に続くものです。同日には東急バスも単独で渋谷発着の成田空港LCBの運行を開始しますが、成田シャトル池袋線とともに、山手線西側の主要ターミナル駅と成田空港を結ぶ初のLCB路線になります。JRの「成田エクスプレス」のみならず、京成「スカイライナー」との競合も予想されます。