東海道・九州新幹線にまたがって利用する場合も適用されます。

自由席特急料金や「eきっぷ」は対象外

 JR山陽新幹線(新大阪〜博多)の「のぞみ」「みずほ」の指定席特急料金が、翌2023年4月1日(土)購入分から改定されます。

 改定幅は「のぞみ」「みずほ」の停車駅間ごとに110円から420円。東海道・九州新幹線にまたがって利用する場合も、改定後の料金が適用されます。例えば翌年4月以降、新大阪〜博多間を利用すると、指定席特急料金は現行の5810円から6230円になります(通常期)。

 JR西日本は改定理由を、コロナ禍およびデジタル化の進展といった社会環境の変化を受ける中、新型車両の導入や無料Wi-Fiサービスの提供など、山陽新幹線のさらなるサービス改善を図るためとしています。

 改定はグリーン車も対象ですが、自由席特急料金やネット予約商品「eきっぷ」は据え置かれます。

 指定席特急料金は消費税率改定を除き、設定当時の水準を維持してきました。今回は実質の値上げとなりますが、元々上限認可の範囲内で設定していた値段に引き上げる形です。