7月14日は日本が独自開発した大型機の九七式飛行艇が初飛行した日。当時の航空機としては驚異的な高性能を誇った同機は、太平洋戦争の始めから終わりまでひたすら飛び続け、さらに今日の海上自衛隊飛行艇の始祖にもなりました。

軍縮条約の締結が開発の契機

 1936(昭和11)年の7月14日。日本の航空機メーカー、川西航空機(現新明和工業)が開発した九七式飛行艇が初飛行しました。飛行艇とは胴体下部が船形をしており、海上でも発着可能な飛行機のことです。

 九七式飛行艇は、日本のオリジナル設計で、かつ最も量産された国産4発エンジン機です。開発の端緒となったのは1922(大正11)年2月に締結されたワシントン海軍軍縮条約でした。

 この条約は、日本、アメリカ、イギリス、フランス、イタリア5か国の軍艦保有量に制限をかけたもので、これにより日本は戦艦や航空母艦(空母)の保有に上限が課せられることになります。加えてその後、巡洋艦や駆逐艦など、いわゆる補助艦と呼ばれる艦船の保有量についてもロンドン海軍軍縮条約で制限が加えられることになったことから、旧日本海軍は航空兵力を拡充することで水上戦闘艦の保有量制限を補い、戦力を強化する方へ舵を切りました。

 こうした経緯から検討されるようになったのが、魚雷や爆弾などを数多く積み、長距離を飛行して、遠方から敵艦隊を攻撃できる大型機の整備でした。

 この計画に従い、旧日本海軍は1924(大正13)年、川西航空機に対して魚雷2本を積んで航続距離4625km以上を飛べる大型飛行艇を要求します。これに対し、川西航空機は社を挙げて取り組み、「九試大型飛行艇」と名付けられた試作機を完成させ、冒頭に述べたとおり、1936(昭和11)年7月の初飛行を成功させたのです。

 その後、エンジンをより強力なものに換装するなど改良が加えられた結果、九試大型飛行艇は1938(昭和13)年1月8日、「九七式飛行艇」として海軍に制式採用されました。

飛行艇だからこそ終戦後も飛び続けることに

 九七式飛行艇は全長25.6m、翼幅40.0m、全高6.27m、全備重量は17.5tと、それまで旧日本海軍が運用していたどんな航空機よりも巨大なものでした。

 最高速度は385km/h、航続距離は約5000kmと当時の航空機としては高性能であったことから、輸送機としても使用されたほか、一部の機体は民間の航空会社に引き渡され「川西四発飛行艇」の名で、当時、日本の統治下にあったサイパンやパラオなど南洋諸島との定期航空路線にも就航しています。

 1941(昭和16)年12月に太平洋戦争が始まると、その長大な航続距離、長時間滞空可能な飛行能力を活かして偵察や哨戒、輸送、連絡など多様な任務に従事します。しかし、陸上機と比べ遅く、大型機であるがゆえに鈍重だったことから撃墜されやすく、大戦中盤以降は、後方で使用されることが多くなりました。

 また防弾装備が貧弱で、搭載する自衛用の機銃も少なかったことから、敵の爆撃機などと会敵した際もやられ易く、その点も本機のウイークポイントでした。

 なお、生産自体は太平洋戦争前半の1942(昭和17)年に終了しており、1945(昭和20)年8月15日の終戦時に残存していたのは10機未満といわれています。しかし、その長大な航続距離と、飛行場のない島嶼部でも離着水可能な飛行艇という特性から停戦後も重用され、最後まで太平洋の空を飛び続けた日本軍機のひとつとなっています。

 本機が成功したことで、川西航空機は飛行艇メーカーとして確固たる地位を築き、より高性能な二式飛行艇(二式大艇)を開発することに繋がりました。そしてその設計思想は、戦後誕生したPS-1対潜飛行艇に受け継がれ、現在のUS-2救難飛行艇にも継承されているといえるでしょう。

 ちなみに九七式飛行艇の生産数は輸送機型を含め217機。この数は後継である二式飛行艇の167機よりも多いです。

※一部修正しました(7月14日9時05分)