一度使うとやめられないあの便利さ…。

トレイは最大99.9%除菌

 羽田空港のJAL(日本航空)用保安検査場のリニューアルが完了し、「JAL SMART SECURITY」として2022年8月2日に全面オープンしました。対象レーンは、同空港第1ターミナル、南ウイングB・C、北ウイングE・Fの4つの検査場の計12レーンです。

 新保安検査レーンは、高度化された保安検査装置(X線検査装置)と追い越し可能なレーン(スマートレーン)、UV殺菌システムを組み合わせたもの。同レーンの利用者は、事前にパソコンやペットボトルなどの液体物を取り出す必要がなく、スムーズに通過できるほか、最大 99.9%殺菌された保安検査用トレイを使用できるといいます。

 新レーンの導入は、2022年1月から着手。同社は「保安検査のさらなる強化と検査までの待ち時間短縮を実現し、より安全・安心・ストレスフリーな空港サービスをご提供します」としています。