英仏共同開発の攻撃機「ジャギュア」に似ていたことから、「真似をされた」と仏側から“盗作”を疑われた日本の高等練習機T-2と戦闘機F-1。これにはどのような背景があったのでしょうか。

きっかけは日本の視察団の渡仏?

 日本が1960年代に開発した高等練習機T-2と戦闘機F-1が、英仏共同開発の攻撃機「ジャギュア」に似ていたことから、「真似をされた」と仏側から“盗作”を疑われたことがありました。一体どのような経緯があったのでしょう。

 たしかにF-1とそれに先立って開発されたT-2は、「ジャギュア」用に開発されたアドーア・エンジンを2基積み、全体のシルエットもそっくりです。そして「ジャギュア」にも、複座の訓練型もありました。

「ジャギュア」は1968年9月に初飛行し、インドやエクアドルなどへ輸出されています。一方、“パクリ疑惑”をふっかけられたT-2は1967年10月に設計が始まり、初飛行したのは1971年7月。そしてF-1は1975年6月に初飛行しました。

 仏側が「技術的に真似をされた」と言い出したきっかけは、昭和40年代に日本からの視察団がジャギュアの試験現場を見たことからでした。

 戦前、仏に航空機開発の技術指導を仰いだことがある日本。その縁もあって、この時代は、日仏の交流を復活させようという動きが起きた頃でした。日本のメーカーなどからの視察団が仏を訪れてエンジンや機体など航空機関連の工場を見学しており、この見学プログラムのなかには、当時「ジャギュア」を開発中だったブレゲ―社への訪問も含まれていました。

「せっかく訪仏したのだから」と視察団。当初は「開発中で最高機密だから」と渋っていたブレゲ―社も、結局は見学中にジャギュアの試験の一部を見せてくれたのですが、この視察団にT-2設計陣の幹部もいたのです。――ここから後日、仏が疑いをかけてきたというのが今に残る話です。

盗作に敏感になっていた仏国…なぜ?

 航空機の設計というものは、試験の一部を見ただけで模倣はできず、ノウハウを蓄えるのは長い時間が必要です。そもそも、使う目的が戦闘や攻撃用途で、エンジンも同じなら、航空機の形はおのずから似てきます。ただ、疑いをかけてきた当時、実は仏側は“盗作”へ神経質になってもいたようです。

 その要因は、戦闘機ではなく、英仏共同開発の超音速旅客機「コンコルド」にありました。

「コンコルド」は1969年3月初飛行。しかしそのわずか3か月前の1968年12月、旧ソ連が開発していた超音速旅客機Tu-144が先んじて飛びました。このTu-144は、あまりにそのデザインが「コンコルド」に似ており、「コンコルド・スキー」と西側から「模倣」と揶揄されており、一部ではスパイ活動による盗作も疑われていたと記録されています。この例もあったため、この時期の仏にとって、T-2・F-1は「コンコルド・スキー」のトラウマを再想起させるものだったのかもしれません。

※ ※ ※

 このように、良好な関係を持つ国同士でも、航空機の開発はしのぎを削り合い技術漏洩の防止に躍起になります。

 これはある意味では、日本と英国がこれから共同開発に取り組もうとしている「次期戦闘機」にもつながる恐れのある話しかもしれません。過去の事例から見るに、お互いが持ち寄った技術を保護し合わなければ、似た技術がほかの国で使われた場合、「盗作されたのでは」と疑心暗鬼になり、協力態勢にひびが入る可能性も否定できないのです。T-2・F-1と「ジャギュア」では、日本と英仏それぞれに開発して似た形になりましたが、次期戦闘機では、現在公表されている日英それぞれの戦闘機のイメージ図が、どのようなプロセスを経て統一されていくかという動向は、注目を集めそうです。