高速道路で下りるICを間違えた――だけでなく、そもそも使うはずではなかった高速道路に誤って入ってしまうことが想定されています。料金所の手前では、もはや戻ることはできません。その後は係員の指示に従うことになりますが、気を付けるべき点もあります。

もう戻れない…では、どうする?

「誤進入された方、一般レーンのインターホンでお申し出を」

 この注意看板は、NEXCO西日本が管理する大分県内の高速道路IC、入口料金所の直前に設置されているものです。一般道と接続する高速道路は入口まで直結なので、もはや軌道修正ができません。誤進入に気づくと同時に急ブレーキを踏む、無理やりUターンして戻ろうとする――こうした行為はとても危険です。

 こんな時は、看板の指示通り、迷わず料金所の一般レーンまたは一般/ETCの混在レーンを目指し、そこでクルマを止めます。

「通行券の発券機に連絡用のインターホンが設置されているので係員を呼び出して『誤って高速道路に進入してしまった』と伝えて、指示に従ってほしい」。NEXCO西日本の担当者はこう話します。

 高速道路は一方通行が原則です。当事者にとっては面倒かもしれませんが、誤進入した場合も高速道路に入り、最寄りのICまで走行、そこで高速道路を降りて、料金所の外でUターンすることになります。もとの誤進入したICには、再び高速道路に乗り入れて戻ることになります。

 ただ実際には後続車両があるので、料金所レーンで長居はできません。そこで、係員の指示に従って説明を聞くための退避場所に車両を移動させます。

申告後も注意!

 係員に事情を伝える場面では、どんな手順で一般道に戻るのかの説明とは別に、通行料金についての調整も行います。高速道路を走る前に申告をすれば、通行料金は請求されませんが、ETC/一般の混在レーンで申告した場合、ETC車載機にETCカードが入っていると、記録が残ってしまいます。

 そのため誤進入した料金所で、通行料金についての調整を実施します。

 誤進入の場合だけでなく、降りるICを間違えた場合も、ETCカードが車載機に入っていると、必要のないデータを記録してしまう可能性があります。

 係員に申告した後は、この両方の場合に必ずカードを車載機から抜いた状態にします。当事者になった時には詳しく係員から説明がありますが、高速道路を降りる時も必ず一般レーンか混在レーンを使って申告し、収受員により通行料金の調整をしてもらう必要があります。

「逆走、Uターンは絶対にしない。落ち着いて申告して、係員の指示に従ってください」(NEXCO西日本 担当者)

 このような高速道路への誤進入、降り間違い時のいわゆる「特別転回」は、道路の構造の問題で対応できない場合も一部ありますが、全国の高速道路、自動車道で基本は同じです。

 まずは焦らず、IC料金所のインターホンまで“前向き”に進んでください。