通常「リージョナル・ジェット」は、エンジン二2発で、胴体下部に主翼を設置する低翼機のスタイルが一般的です。それに逆行するようなデザインを採用したのが「BAe 146」。4発エンジンの独自設計は、なぜ必要だったのでしょうか。

エンジン4発&しかも高翼!

 1981年9月3日、イギリスのブリティッシュ エアロスペース(現BAE システム)が開発したリージョナル(地域間輸送)向けジェット旅客機「BAe 146」が初飛行しました。この機の客席数は最大でも100席程度、「リージョナル・ジェット」に分類されるモデルではあるものの、一般的なそれとは大きく異なる珍しい設計が施されているのが特徴です。

「リージョナル・ジェット」、もしくはそれに類似するジャンルのジェット旅客機は、通常、エンジンを2発搭載し、胴体下部に主翼を設置する低翼機のスタイルが一般的です。対し、「BAe 146」はエンジンを4発搭載し、胴体の上に主翼を乗せるような高翼機のスタイルを特徴とします。

 4発ものエンジンを搭載した一因として、エンジンの数が多くとも静粛性が高かったこと、仮にエンジンに支障があった場合でも、残り1発より残り3発の方がパワーロスが少なく、安全性が高いことが挙げられます。設備が十分でない空港や、空気の薄い高地や酷暑地といった立地上の理由で、エンジンパワーが必要であろう空港に発着することも多いリージョナル・ジェットでは、万が一のエンジン・トラブルの際にも、エンジン数が多い方が、いっそう安全に着陸することが可能になります。

 またBAe 146では、エンジンそれ自体のサイズ・推力は小さめのものを使用しています。これは、リージョナル・ジェットを運航する地域エアラインにあわせ、国際線をたくさん飛ばすエアラインが保有する大型機に採用されているような、大型で複雑なエンジンよりも、小型エンジンの方が整備作業上取り扱いやすく、安全性の確保、経済性の向上に有利であることもあげられるでしょう。

高翼が採用された理由 活かされた強み

 一方、主翼を高翼に配置するレイアウトをもつ飛行機は、旅客用ジェット機ではあまり見ないものの、軍用であれば、規模が違うとはいえ航空自衛隊C-2、旧ソビエト連邦のアントノフ社製の戦術輸送機、仏独共同開発C-160など枚挙にいとまがありません。というのも軍用機は不整地にも離着陸することを前提としているため、地上からエンジンまでの離隔(クリアランス)を広くして、異物の吸い込みを避けることができるなどの理由もあるでしょう。

 もうひとつ考えられる一因としては、主翼を高翼に配置することで、胴体後部を上に跳ね上げることができるほか、地表に近いポイントでの機首上げ時、低翼機と比べて、エンジンと地面かとの離隔に気を払う必要がなくなります。つまり、機首上げ操作がより大きく取れるようになるため、離着陸におけるSTOL(短距離離着陸)性能の向上が期待できる、ということもあるかもしれません。

 リージョナル・ジェットのスタンダードとは逆行したデザインを持つBAe 146、イギリス製旅客機としてはヒット作となり、400機近くが製造されました。狙い通りというべきか、その見た目に反して「ウィスパー・ジェット(囁くようなエンジン音のジェット旅客機)」と呼ばれる程、離着陸時の騒音が少なくかったのもセールス・ポイントだったとか。

 こうした条件から、ロンドン都市部に近いロンドン・シティ空港などにおいては、非常に重宝された旅客機でもありました。空港周辺が市街地であることから騒音規制が厳格、降下角5.5度の急角度進入(通常は3度)が必要で、滑走路も約1500mしかないなど、パイロット泣かせの要素が詰まったロンドン・シティは、同型機の特性をフルに活かすことができることから、BAe 146にとっては相性抜群の空港だったといえるでしょう。