成田で「ポケモンジェット」を、またゲットできる日が来ようとは!

10月9日に再飛来

 シンガポール航空グループのLCC(格安航空会社)、スクートが、『ポケットモンスター』の特別デザイン機「ピカチュウジェットTR」の運航を開始しました。

「ピカチュウジェットTR」の担当機はボーイング787-9「9V-OJJ」、9日朝には成田空港に飛来し、同機を見ようと航空ファンが同空港に集まりました。

 機体はスクートのコーポレートカラーである黄色、そして白色を基調にしています。花びらや葉っぱが気持ち良さそうに舞っている背景は、花の香りをイメージ。機体にはピカチュウ、ピチュー、シェイミ、コダック、ラプラス、セレビィなどが描かれており、両翼のエンジンの内側にも、ポケモンが隠れているとのことです。

 機内の座席上の共用収納棚や、ヘッドレストカバーにもポケモンが登場。機内食では、「ポケモン」のラベルがはられた、「焼き鳥(ご飯付)」や「ジンジャー照り焼きチキン(ご飯付き)」など、日本をイメージした新メニューが提供されます。また、スクーティー(客室乗務員)が特別に用意したスクーティチュード・サプライズも準備されているようです。

 この特別塗装機は、ポケモン社が航空会社各社などと展開している「そらとぶピカチュウプロジェクト」の一環で、これまでスカイマークやチャイナエアライン(台湾。就航前)などと提携し、特別塗装機を打ち出しています。LCCでこのコラボ機が展開されるのは、スクートが初となるほか、ボーイング787でこのコラボ機が導入されるのも、今回が初です。

「ピカチュウジェットTR」は公式ダイヤ上で運航ダイヤが公開されており、10月19日までのあいだは、シンガポール〜成田線、ソウル線に投入される予定です。公式サイトによると、次回の成田空港への飛来は、10月19日の予定です。