「観光列車仕様」です!

H100形にラッピング仕様登場

 JR北海道は2022年9月14日、新型の電気式気動車H100形を新たに4両導入し、10月末から運行を開始すると発表しました。今回の4両は、定期列車のほか「観光列車としても活用」するという特別仕様です。

 4両は定期列車として、根室線の新得〜釧路間、宗谷線・石北線の旭川〜名寄・上川間で運行されますが、それぞれ釧網線、花咲線、石北線、富良野線のラッピング車両となっています。このような路線の特徴をアピールするラッピング車を、2023年度も4両(室蘭線、日高線、根室線、宗谷線のラッピング車両)導入する予定だそうです。

 うち、2022年度配置の「釧網線ラッピング」「花咲線ラッピング」2両は、今年10月末の使用開始予定だといいます。

 これらは、内装も一般形と変更しており、シートは北海道の自然や風景をイメージした絵柄にしているほか、脱着式の木のテーブル、木の吊り手などを配置。観光列車としても使用できる想定だそうです。

 なお、今回の4両は国(JRTT鉄道・運輸機構)と北海道による助成を受け、北海道高速鉄道開発株式会社(道高速)が取得し、JR北海道に無償貸与するスキームで導入されています。