コロナ禍で「後発系航空会社の整備」にも変化が…。

海外企業での重整備作業に制限が生じ

 沖縄・那覇空港を拠点とする航空機整備会社「MRO Japan」とスカイマークが、航空機の重整備をはじめとする整備作業について基本契約を締結しました。このことで、スカイマークは今まで海外企業に委託していた航空機の整備作業を、MRO Japanにも委託することが可能になります。

 MRO Japanは特定の航空会社の整備を担うのではなく、さまざまな航空会社から整備や修理などを引き受ける国内唯一のスタイルの企業です。航空機の重整備などを海外企業に委託していたスカイマークは、新型コロナウィルスの世界的感染拡大などにより、重整備をはじめとする整備作業の委託に制限を受ける事態を経験。このことが、今回のMRO Japanとの基本契約締結につながったとしています。

 MRO Japanの高橋隆司社長は「本パートナーシップの構築は沖縄での航空機整備ビジネスのさらなる拡大に向けた大きな一歩」とし、「我が社の高品質な整備作業に加え、ホスピタリティ、迅速な対応など日本企業ならではの優位性に期待いただいていると考えており、各地に広い路線ネットワークを持つスカイマーク様の運航に航空機整備の面から貢献していきます。ご利用頂くお客様へ安全で快適な機材でお喜び頂けるよう、全社一丸となって取り組んでまいります」とコメントしています。