にしてもスゴいデザイン…。機内は後ほど!

777国内線仕様機「JA745A」が担当

 ANA(全日空)が2022年10月3日より、テレビアニメ『鬼滅の刃』のキャラクターをあしらった特別塗装機「鬼滅の刃 じぇっと -参-」を国内線定期便に就航させます。運航開始を直前に控えた10月1日、その実機が報道陣らにむけて披露されました。

 担当機は、ボーイング777-200ER国内線仕様機「JA745A」。機体デザインは「ANAの機体のためだけに描き下ろした、ufotable描き下ろしイラストを使用した」とのこと。通常のANA機では、白地に2色の青のラインが入っていることが一般的ですが、今回の特別塗装機のベースカラーは「全面白」。そこには、大きく炭治郎・煉獄・天元が描かれているのが特徴です。また、左右の胴体デザインも、異なるものが採用されています。

「今回のデザイン機のなかではもっとも大きな機体です。左側に炭治郎と天元が躍動感ある姿で、右側には炭治郎と煉獄が描かれています。ファンの皆様はじめ、幅広い皆様に楽しんでいただければと思います」(ANA執行役員 矢澤潤子氏)

 ANAでは、2021年12月からテレビアニメ『鬼滅の刃』とのタイアップを開始し、2022年1月に特別デザイン機の1機目「鬼滅の刃 じぇっと -壱-」を就航させ、2022年3月に2機目となる「鬼滅の刃 じぇっと -弐-」を就航させました。過去の2機はともに国内線仕様機のボーイング767-300(全長54.9m)が担当していましたが、今回新たに就航する3号機はひとまわり大きなボーイング777-200ER(同63.7m)が用いられます。

羽田はお祭り! 午後には機内も公開

 定期便運用開始後の同機は10月3日のANA241便(羽田7時25分発→9時30分着)でデビュー予定。以降16日まで、羽田〜福岡、伊丹、新千歳の計3往復で固定ダイヤで運航が計画されています。また、定期便就航に先立って2日には、成田空港発着の遊覧フライトも実施予定です。

 この日の披露イベントでは、報道陣ほか、ANAマイレージクラブの会員など要件を満たした一般招待客も参加しました。午後には同アニメの声優として出演した花江夏樹さん(竈門炭治郎 役)、日野聡さん(煉獄杏寿郎 役)らが参加したイベントが実施されるほか、同機の機内の公開も予定されています。

 なおこの機では、炭治郎・煉獄・天元による機内アナウンスが実施されるほか、タイアップ限定のオリジナル CAエプロンの追加、「鬼滅の刃 じぇっと -参-」機内限定のヘッドレストカバーも設置。国内線全路線で展開している紙コップも新デザインとなって登場するとのことです。