定期便では間違いなく「羽田拠点」の飛行機です。

定期便では羽田〜福岡・伊丹・新千歳線などへ

 ANA(全日空)が2022年10月3日より、テレビアニメ『鬼滅の刃』のキャラクターをあしらった特別塗装機「鬼滅の刃 じぇっと -参-」を国内線定期便に就航させます。就航を翌日に控えた2日、同機が”1日限定”で成田空港に降り立ちました。

 担当機は、ボーイング777-200ER国内線仕様機「JA745A」。ANAでは、2021年12月からテレビアニメ『鬼滅の刃』とのタイアップを開始し、2022年1月にコラボ特別デザイン機の1機目を就航させ、2022年3月に2機目を就航させました。過去の2機はともに国内線仕様機のボーイング767-300(全長54.9m)が担当していましたが、今回新たに就航する3号機はひとまわり大きなボーイング777-200ER(同63.7m)が用いられています。

 機体デザインは「ANAの機体のためだけに描き下ろした、ufotable描き下ろしイラストを使用した」とのこと。通常のANA機では、白地に2色の青のラインが入っていることが一般的ですが、今回の特別塗装機のベースカラーは「全面白」。そこには大きく炭治郎・煉獄・天元が描かれているのが特徴です。また、旅客が乗降する左手最前方のドアには、同アニメの出演声優による直筆サインも描かれています。

 このような『鬼滅の刃』とのタイアップ塗装機の3号機ですが、すでに発表されている就航路線は羽田〜福岡・伊丹・新千歳線。また、ボーイング777-200国内線仕様機は羽田発着の国内線で運航されることが一般的なモデルなので、国際線がメインの成田空港でこの姿を見られることは、とてもレアなことです。

『鬼滅』3号機、なぜ成田に?

 この日「鬼滅の刃 じぇっと -参-」は、就航を記念したファン向けの遊覧チャーターフライトを実施するため、成田空港にやってきました。

 遊覧フライトは「『鬼滅の刃 じぇっと-参-』を、誰よりも早く楽しめる」という趣旨で企画され、279人が搭乗しました。ANAによると、販売分は完売となったそうです。フライト時間は約90分で、北へ向かって折り返すようなルートを選定。航跡で、まるで「刀」を描くように飛行しています。

 機内では、遊覧フライトならではの楽しみとして、『テレビアニメ「鬼滅の刃」無限列車編』で煉獄杏寿郎が食べていたお弁当をイメージした「牛鍋辨當」を機内食として提供。乗客へは、国内線定期便で子供向けに渡される『鬼滅の刃』限定メンコの第2弾(全18種類)をはじめとする各種記念品も配布されています。

「鬼滅の刃 じぇっと -参-」は成田での遊覧フライトを終えたあとは、羽田へ戻り、3日の定期便デビューへむけ準備が進められます。定期便就航初便は、3日のANA241便(羽田7時25分発→9時30分着)が予定。このとき羽田空港では『鬼滅の刃』特別塗装1号機、2号機との”3機コラボ”が展開される予定とのことです。