101年前の10月5日、北海道の鉄道路線、名寄本線が全通しました。

網走への鉄道ネットワークを形成する路線

 今から101年前の1921(大正10)年10月5日、北海道の名寄駅と遠軽駅をむすんでいた、名寄本線が全通しました。

 名寄本線は道北と道東をオホーツク海沿い経由で連絡し、興部や紋別、湧別といった街に鉄道をもたらしました。

 実は当時、石北本線・釧網本線はまだ開通しておらず、札幌方面と網走をむすぶルートは、名寄経由で名寄本線から行くか、富良野・池田を経由し、池北線で北上するかしかありませんでした。上川〜遠軽間に立ちはだかる「北見峠」、そこに鉄道を通す技術はまだ十分でなかったのです。

 1925年4月時点のダイヤを見ると、13時台に函館を出発し、翌日の朝7時台に名寄に停車し、15時前に野付牛駅(現:北見駅)に到着する長距離夜行列車が設定されていたようです(逆は野付牛駅14時台発、函館翌15時台着)。ほかに全線通し列車が1往復、約7時間かけて走破する列車がありました。

 全通当時はまだ中湧別駅を境に、名寄線と湧別軽便線に分かれていました。統合されてひとつの「名寄本線」になったのが1932(昭和7)年です。同時に石北本線が全通を迎え、新たな道東ルートが完成を見ました。しかしそれは、名寄本線の幹線ネットワークとしての地位が低下したことを意味します。

 1960年代になると、札幌からは名寄経由で急行「紋別」が、網走からは急行「天都」が運行されるようになりましたが、依然ローカル線の雰囲気は否めず、利用客も伸び悩んだことから、1985(昭和60)に廃止が決定。JR移管直後の1989(平成元)年に廃止されました。

「本線」と名乗りながら不遇を味わった名寄本線。同様に、深川から北海道西部沿岸をむすぶ「留萌本線」も現在、廃止の瀬戸際に立っています。この先、運行区間が段階的に縮小され、2026年度に全線廃止される方針で、調整が進められています。