戦闘機で青色迷彩なのもなかなかレア。

F-16とは90%以上が別

 1995(平成7)年の10月7日。日米共同開発の戦闘機F-2が初飛行しました。

 F-2は、アメリカ製のF-16「ファイティングファルコン」戦闘機をベースに、日本独自の運用構想や地理的特性を盛り込んで誕生した単発エンジン機です。

 ぱっと見、F-16によく似た外観であるものの、主翼形状や機体の長さなど様々な部分で再設計されているため、F-16から9割以上が変更されているといわれています。そのため、F-16が原型とはいいつつも事実上の新型機といえるもので、試作機も4機作られ、一から様々な試験が行われました。

 開発は1988(昭和63)年11月に、日米両政府のあいだで開発覚書を締結したのを皮切りに、1990(平成2)年3月には支援戦闘機(FS-X)設計チームが発足。防衛庁技術研究本部(現防衛装備庁)が三菱重工を主契約社に、ロッキード・マーチンや川崎重工、富士重工業(現SUBARU)を協力会社として設計を開始し、1992(平成4)年6月には実物大模型の完成にこぎつけています。

 そして、冒頭の初飛行に成功した後は、1996(平成8)年7月に日米両政府のあいだで生産覚書が締結され、2000(平成12)年9月には量産初号機が防衛庁(現防衛省)/航空自衛隊に引き渡され、2011(平成23)年9月27日に量産最終号機が納入されています。

2040年頃までは飛び続ける予定

 F-2の生産数は試作機4機を含め全部で98機。そのうち91機が2022年9月現在、運用されています。配備先は松島基地(宮城県)、百里基地(茨城県)、浜松基地(静岡県)、岐阜基地(岐阜県)築城基地(福岡県)の5か所。そのうち対領空侵犯措置などの実働任務に就いているのは百里基地と築城基地の計3個飛行隊になります。

 F-2は、対空ミサイルによる空対空戦闘、対艦ミサイルによる洋上阻止、そして爆弾などを用いた対地攻撃と、様々な任務に対応できるマルチロール戦闘機です。

 特に長射程の大型対艦ミサイル4発を搭載できるのは、航空自衛隊の戦闘機ではF-2以外になく、そのため機体のカラーリングもF-15JやF-35Aなどがグレーを使った制空迷彩なのに対し、F-2だけは青主体の洋上迷彩になっています。

 現在、防衛省ではF-2戦闘機の後継となる新型戦闘機の開発を進めています。その計画では2035年からF-2の退役が始まると見込まれており、おそらく2040年頃までは運用が続けられるようであり、あと15年以上、F-2は日本の空を飛び続けるようです。