機内の設備も充実しとります!

提供座席数も増加、USBポートも

 LCC(格安航空会社)のジェットスター・ジャパンの新型機「エアバスA321LR」の2号機「JA27LR」が、2022年10月31日に成田空港へ飛来予定です。

 同機は10月21日に製造メーカーのエアバスより機体を受領。今後は機材整備を行ったのち、エアバスの工場があるドイツ・ハンブルクを10月28日に出発し、アラブ首長国連邦・アブダビ、ベトナム・ハノイを経由して、31日の21時50分ごろに成田空港に到着する予定です。

 同機は11月11日から、現在A321LRの初号機「JA26LR」で運航している成田〜新千歳、福岡線を運航し、同16日からは2機体制で、成田〜新千歳線を2往復、成田〜福岡線を2往復、成田〜那覇線を1往復運航します。JA27LRの導入により、冬期運航スケジュール期間中、成田〜福岡・那覇線における提供座席数は、約5%増加するとのことです。

 ジェットスター・ジャパンのA321LRは2022年7月に運航開始。現在の同社主力機A320ceoの胴体延長タイプの派生型で、席数はA320(180席)より50席以上多い238席を配します。座席もUSBポートが標準装備された新仕様のものが導入されています。